厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

学びを支える夜間中学 自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」

教育

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
学習の基本は1対1
学習の基本は1対1

 自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」は戦争で義務教育が未修了になった女性の長年の「学びたい」という気持ちに応える形で2013年11月に発足した。当初は学習会場の確保も厳しかった。翌年、生徒は2人になった。新たに生徒になったのは複雑な家庭環境の中、「中学を卒業したものの、勉強がわからず、友だちもできなかった」という女性だった。あつぎえんぴつの会は「学びたい」という自主的な気持ちを持ち続ける人と、それを支える元教員らのボランティアスタッフの気持ちで紡がれてきた。

 同会の存在が少しずつ知られ、生徒もスタッフも増え、学習の会場も厚木市の施設を無料で借りることができるようになった。現在は毎週木曜日、市内中町で学習時間が継続されている。”夜間”だが、同会は昼間の自主夜間中学だ。厚木はもとより、横浜など市外からも生徒が通ってきている。年齢は10代から80代まで。毎回10〜15人の参加がある。代表の岩井富喜子さんは同会の魅力を「学習欲求を持ち続ける人がいて、それに寄り添い支援する人がいる。ともに学ぶ喜びを味わえる」と話す。

 最近は現在の学校のシステムになじめない若い人たちが訪ねてくることも多いという。公立夜間中学の設置を求める声が高まる中、同会の存在は大きい――。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

冒険は新たなステージへ

冒険は新たなステージへ 社会

愛川町出身・荻田泰永さん

5月24日号

利用者から日々学ぶ

70歳で介護福祉士の資格を取得

利用者から日々学ぶ 社会

ひかりデイサービス荻野 松下龍三さん

5月24日号

ゲームで知る防災

愛川町六倉区

ゲームで知る防災 教育

地域で独自イベント

5月24日号

新浄瑠璃百鬼丸「かなりの自信作」

横内さん主宰劇団扉座公演

新浄瑠璃百鬼丸「かなりの自信作」 文化

6月16日 厚木市市文化会館大ホール

5月24日号

「まずは県2部昇格」

「まずは県2部昇格」 スポーツ

はやぶさイレブン・阿部敏之監督

5月24日号

厚木をキャンプ地に

東京2020五輪

厚木をキャンプ地に スポーツ

NZゴルフ協会

5月24日号

「誰でも参加OK」

緑ヶ丘

「誰でも参加OK」 社会

地域で育む居場所作り

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク