厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

学びを支える夜間中学 自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」

教育

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
学習の基本は1対1
学習の基本は1対1

 自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」は戦争で義務教育が未修了になった女性の長年の「学びたい」という気持ちに応える形で2013年11月に発足した。当初は学習会場の確保も厳しかった。翌年、生徒は2人になった。新たに生徒になったのは複雑な家庭環境の中、「中学を卒業したものの、勉強がわからず、友だちもできなかった」という女性だった。あつぎえんぴつの会は「学びたい」という自主的な気持ちを持ち続ける人と、それを支える元教員らのボランティアスタッフの気持ちで紡がれてきた。

 同会の存在が少しずつ知られ、生徒もスタッフも増え、学習の会場も厚木市の施設を無料で借りることができるようになった。現在は毎週木曜日、市内中町で学習時間が継続されている。”夜間”だが、同会は昼間の自主夜間中学だ。厚木はもとより、横浜など市外からも生徒が通ってきている。年齢は10代から80代まで。毎回10〜15人の参加がある。代表の岩井富喜子さんは同会の魅力を「学習欲求を持ち続ける人がいて、それに寄り添い支援する人がいる。ともに学ぶ喜びを味わえる」と話す。

 最近は現在の学校のシステムになじめない若い人たちが訪ねてくることも多いという。公立夜間中学の設置を求める声が高まる中、同会の存在は大きい――。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

3月2日から

市議会・一般質問

3月2日から 社会

2月26日号

保育士が公園に出向き育児相談「子育て・気楽に相談パーク」を開始

【Web限定記事】厚木市子育て支援センター

保育士が公園に出向き育児相談「子育て・気楽に相談パーク」を開始 教育

2月26日号

元日本代表MF水野晃樹選手が新加入

【Web限定記事】はやぶさイレブン

元日本代表MF水野晃樹選手が新加入 スポーツ

「昇格に力を尽くしたい」

2月26日号

オンライン確定申告PR

厚木税務署

オンライン確定申告PR 社会

永里選手らがスマホ体験

2月26日号

「広報あつぎ」が2年連続最優秀賞

「広報あつぎ」が2年連続最優秀賞 文化

コロナ禍の「つながり」見つめ直す

2月26日号

ATGサイレン灯

【Web限定記事】

ATGサイレン灯 社会

2月26日号

グループホーム花物語がオープン

花物語あつぎ南(厚木市岡田)、花物語きよかわ(清川村煤ケ谷)

https://hana-kaigo.jala.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク