厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

清川の味「ギュッ」と詰めて 産業まつりで食べ比べ

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
7種類のソーセージを手にする地域おこし協力隊の松田桂一さん
7種類のソーセージを手にする地域おこし協力隊の松田桂一さん

 特産品開発を進めている清川村が6月2日(日)、JAあつぎ清川支所で開催される清川産業まつり会場でソーセージ7種類の食べ比べを行う。

 同村では、村内活性化のために地域おこし協力隊や村内レストラン「四季」と協力して特産品開発を進めている。既に村の特産品として普及している豚肉「清川恵水ポーク」に着目し、村内食材などを使った独自のソーセージを研究。試作の中から選ばれた7種類について、広く意見を集めるために産業まつりでの食べ比べを企画した。

 当日は特設ブースに「あらびき」「お茶」「パセリ」「ゆず」「チーズ」「にんにく」「チョリソー」の7種を用意。参加費は500円で、試食後は美味しいと思う味に投票できる。村では、人気投票の上位を獲得した味のソーセージをレストラン四季で提供するほか、次年度以降の商品化を目指していくという。村産業観光課の担当者は「人気投票は今後も様々なイベントで実施し、意見の積み重ねを図りたい」と話す。なお、食べ比べはソーセージがなくなり次第終了となる。

新茶や野菜も特別販売

 毎年恒例の清川産業まつりでは、新茶や野菜、鉢物、豚肉加工品、木工品などを販売する。会場はJAあつぎ清川支所(清川村煤ヶ谷2220の5)で、時間は午前10時から午後2時。雨天決行。

 イベントについて問合せは村産業観光課【電話】046・288・3864へ。

昨年の産業まつり
昨年の産業まつり

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

6団体17人を表彰

6団体17人を表彰 教育

厚木市教育委員会表彰式

7月12日号

”趣味”から生まれた自然の味

ZOOM UP

”趣味”から生まれた自然の味 経済

厚木いいはちみつ

7月12日号

看護生涯学習センターを開設

神奈川工科大学

看護生涯学習センターを開設 教育

人材育成やキャリア開発に寄与

7月12日号

厚木市議会議員選挙  振り返り

東名厚木病院で納涼祭

東名厚木病院で納涼祭 社会

7月20日 午後4時半から

7月12日号

やまゆり園で納涼祭

よりよい生き方学ぶ

よりよい生き方学ぶ 社会

長谷寺で終活カフェ

7月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク