厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

JAで協働大学 都市農業を学ぶ

教育

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
JAの朝採れ野菜を試食
JAの朝採れ野菜を試食

 市民の生涯学習をサポートする「あつぎ協働大学」が5月18日、厚木市水引のJAあつぎ本所で開催された。

 同大学は厚木市と市内5大学・民間企業の協働事業として実施されているもの。今年で11年目を迎え、各大学・企業が特色のある授業を展開。これまでに延べ2万2000人が受講している。

 今年度2回目の開催となったこの日は、市の取り組みやトピックスなどを伝える協働授業。2009年度の開講以来、初となる市と大学以外の施設が会場となった。

 当日は市民ら100人以上が参加。「厚木市の農業の現状と課題/JAあつぎの事業概要」をテーマにJA職員が講義を行い、市の都市農業への取り組みなどを説明した。

 また講義終了後にはJAあつぎの朝採れ野菜の試食会も行われ、参加した女性は「生産者の顔が見える地産地消の大切さを学びました。いろいろな事が身近になって、学ぶことが楽しい」などと笑顔で話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「お正月を楽しんで」

第二森の里

「お正月を楽しんで」 社会

施設内に神社を設置

1月15日号

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ 社会

ラッピングでコロナ禍に元気を

1月15日号

小中学校で役立てて

【Web限定記事】

小中学校で役立てて 社会

町婦人団体連絡協議会が雑巾寄付

1月15日号

選挙啓発ポスター展示

【Web限定記事】

選挙啓発ポスター展示 文化

あつぎロードギャラリー

1月15日号

食と農の大切さ伝えたい

【Web限定記事】

食と農の大切さ伝えたい 社会

青空クラブが市内保育所に農産物寄贈

1月15日号

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長

【Web限定記事】

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長 経済

3月31日(水)まで使用可能に

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク