厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

プログラミング教育 全国に先駆け愛川で開始 必修化見据え全小学校で

教育

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
ロボットの動きを夢中で追う児童たち。自由な発想で入力できる「遊び感覚」の授業は毎回好評だ
ロボットの動きを夢中で追う児童たち。自由な発想で入力できる「遊び感覚」の授業は毎回好評だ

 2020年度に小学校で必修化されるプログラミング教育。愛川町では全国に先駆けて、今年度から町立小学校全6校で授業を実施する。ロボット教材の活用や大学との連携で将来を見据えた教育に取り組む。

 プログラミング教育とは、コンピュータ等を動かすためのプログラム入力技術を学ぶだけでなく、物事を実現するために必要な動作や順序を論理的に考えられるようになる「プログラミング的思考」を育むことが目的。2020年度から学習指導要領に盛り込まれる。

 愛川町教育委員会では、ITの進化やAI(人工知能)の普及をうけプログラミング教育を推進。2018年度には町立中津第二小学校を先行的モデル校に指定し、教員向けの研修会や児童への特別授業を実施してきた。

 そして、2019年度には本格的なプログラミング教育を開始するため、ロボット教材のマインドストームを60台導入。5月14日と15日には、神奈川工科大学の金井徳兼教授の協力を受け、中津第二小で4年生から6年生児童を対象にプログラミングの授業が行われた。

 授業では、ロボットを思い通りに動かすプログラミングを体験した。14日は、5年生が「黒線の円の内側から出ないように動く」「円に沿って動く」などの課題に挑戦し、チームを作ってタブレット端末にプログラムを入力。想定外の動きを相談し合って解決していった。

 町教育委員会によると、今後も町内小学校全校でマインドストームを使った授業などを展開していく予定だという。

 先行的モデル校として取り組みを行ってきた中津第二小の佐野昌美校長は「これからの社会を生きる子どもたちがプログラミングを学ぶことはとても大切。何度も失敗を繰り返しながら知恵を出し合うなど、学習の良い要素がたくさん含まれていると思う」と話す。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

イベント中止、施設休館に

イベント中止、施設休館に 社会

3市町村で緊急事態宣言受け

1月15日号

「行動」で暮らしを守る

清川村

「行動」で暮らしを守る 社会

新春村長インタビュー

1月15日号

成人式の対応分かれる

厚木・愛川・清川

成人式の対応分かれる 社会

3自治体2,741人に影響

1月8日号

「不撓」の精神を胸に

愛川町

「不撓」の精神を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月8日号

新たな日常の実現へ

厚木市

新たな日常の実現へ 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

子牛生まれ元気に成長中

厚木市林『牧歌』

子牛生まれ元気に成長中 社会

「日本一小さな牧場」

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク