厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

厚木市 待機児童1人、保留児童86人 児童数は減少も申込数は増加

教育

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市はこのほど、4月1日時点での保育所等利用待機児童数が1人(前年比23人減)になったと発表した。認可保育所などへの利用申込数は前年比55人増の3387人、入所決定児童数の3301人(同116人増)を86人上回った。希望の保育所などに入所できず保留となった児童は、86人(同61人減)だった。

 厚木市の発表によると、今年度の就学前児童数は9951人で、初めて1万人を切った。就学前児童数は年々減ってきている一方で、利用申込児童数は増加している。

 市では待機児童解消へ向け、4月1日より新たに認可保育所3施設(276人増)、小規模保育施設6施設(114人増)を開設し、対策を図った。来年度には、寿町の「おひさまっこ保育園」を東町へ移転し、30人の定員増を予定している。

 市保育課では、「10月の保育料無償化で入所希望者が増える可能性がある。まだどうなるのかわからない」と、動向を見守る意向を示している。

 また市では、保育士不足解消のため、独自の奨学金返済助成金や、転入奨励助成金、復職等奨励助成金を実施しているほか、保育士応援手当助成金や保育士等の処遇改善など、新たな保育人材の確保と離職防止を促進している。

愛川町は14人清川村は0人

 愛川町は、就学前児童数1486人のうち、申込児童数が593人、入所決定児童数が520人で、待機児童数は14人(同13人減)となった。

 一方で清川村は、就学前児童数108人のうち、申込児童数が35人で、すべての児童の入所が決定し、待機児童数は0人(同0人)となった。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

商業者支援に引き続き尽力

商業者支援に引き続き尽力 経済

(一社)厚木市商店会連合会会長 齊藤 裕

1月22日号

譲り合いの心で交通事故防止

譲り合いの心で交通事故防止 社会

厚木警察署管内交通安全協会会長 笹生準一

1月22日号

更なる活気を作り出す商店会に

更なる活気を作り出す商店会に 社会

あいちゃん商店会会長 高橋和仁

1月22日号

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて 社会

厚木市全国県人会連合会会長 野澤 浩

1月22日号

農業・地域に欠かせないJAを目指して

農業・地域に欠かせないJAを目指して 社会

県央愛川農業協同組合代表理事組合長 馬場 紀光

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク