厚木・愛川・清川版 エリアトップへ

2019年5月の記事一覧

  • 『令和』 新たな挑戦が今、始まる!

    意見広告

    『令和』 新たな挑戦が今、始まる!

    神奈川県議会議員 山口たかひろ

    政治は心であり信念 「政治はパフォーマンスであってはならない」―。一時の風で施策を掲げるのではなく、政治は『心』であり『信...(続きを読む)

    5月1日号

  • アットホームな雰囲気が魅力

    アットホームな雰囲気が魅力

    医療法人鉄蕉会 亀田森の里病院尾山(おのやま)未来(みく)さん 田川 友紀子さん

     森の里地区の医療拠点として、一般急性期病院の役割を担う亀田森の里病院。昨年6月には地域包括ケア病棟をオープンし、在宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行っ...(続きを読む)

    5月1日号

  • 母の背中にあこがれて

    母の背中にあこがれて

    黒田 彩加(あやか)さん神奈川工科大学看護学部看護学科4年

     2015年に新設された神奈川工科大学の看護学部。3月に初の卒業生を輩出し、看護師国家試験合格率、就職内定率ともに100%を達成。「国家試験対策室があり、先生方...(続きを読む)

    5月1日号

  • めざすは地域コミュニティ拡大

    めざすは地域コミュニティ拡大 社会

    学生ボランティア団体「ぼくら」

     厚木市を拠点に高校、大学生で活動する学生ボランティア団体「ぼくら」。厚木中ボランティア部のОBを中心に2017年に結成した。会長を務めるのは水津颯さん(厚木東...(続きを読む)

    5月1日号

  • 風土が育む交流の輪

    風土が育む交流の輪 社会

    小鮎ボランティアの会

     「小鮎という地域性が、長く続けられている要因かな―」。 1985年(昭和60年)の発足から、地域の高齢者らの仲間づくりやふれあいの場と...(続きを読む)

    5月1日号

  • 学びを支える夜間中学

    学びを支える夜間中学 教育

    自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」

     自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」は戦争で義務教育が未修了になった女性の長年の「学びたい」という気持ちに応える形で2013年11月に発足した。当初は学習会場の...(続きを読む)

    5月1日号

  • 信頼される存在に

    信頼される存在に

    松蔭大学看護学部看護学科4年武藤 楓さん

     看護学部を選んだのは運命的な出来事から。高3の春、小1のときに書いた『10年後の自分へ』という手紙が届いた。そこには「看護師になりたい」と書いてあった。看護師...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「令和」の凧を寄贈

    「令和」の凧を寄贈 スポーツ

    上荻野分館に佐藤八郎さん

     荻野公民館上荻野分館にこのほど、新元号『令和』の文字が入った「凧」がお目見えした。 この凧を製作したのは上荻野在住の佐藤八郎さん(70...(続きを読む)

    5月1日号

  • 令和元年で特別企画

    令和元年で特別企画

    GW連休は5日まで毎日イベント

     新しい元号「令和」を祝い、菓匠土門ではGWの5月1日(水)から5日(日)まで、毎日特別イベントを開催中!愛川のグルメや日本伝統の抹茶、一風変わった和菓子とカレ...(続きを読む)

    5月1日号

  • 不動産の悩み解決

    不動産の悩み解決

    5/25(土) 六士業専門家無料相談会

     (公社)神奈川県宅地建物取引業協会県央支部(三橋義人支部長)主催の「六士業専門家による無料相談会」が5月25日(土)、同支部で開かれる。10時〜16時。「相談...(続きを読む)

    5月1日号

  • 起業スクールで経営学ぶ

    起業スクールで経営学ぶ 経済

    はるひごはん 大橋由香さん

     「幸せになる料理を伝えたい」。市内幸町で厚木野菜を使ったストウブ鍋料理の専門店「はるひごはん」を経営している大橋由香さん(39)。男児2人の母でもある。...(続きを読む)

    5月1日号

  • 主婦から看護の世界へ

    主婦から看護の世界へ

    神奈川リハビリテーション病院井上 志保さん

     結婚、出産を経てから看護師免許を取得し4年前、白衣に袖を通した井上さん。「子育てが大変なときに、保健師訪問があって力になってくれた。素敵な仕事だと思った」。看...(続きを読む)

    5月1日号

  • 公民館図書室は6日まで休室

    公民館図書室は6日まで休室 文化

     公民館図書室(依知北・睦合北・小鮎・荻野・森の里・玉川・相川・睦合西・南毛利)は、5月6日(月)まで休室、7日(火)から通常開室となる。...(続きを読む)

    5月1日号

  • グルメフェス18万7千人

    グルメフェス18万7千人 文化

     厚木中央公園で4月20・21日、「かながわグルメフェスタ2019in厚木」が開催され2日間で約18万7千人が訪れた。県内参加20店舗による人気投票も行われ、ナ...(続きを読む)

    5月1日号

  • ごみ戸別収集5月から試行

    ごみ戸別収集5月から試行 教育

     厚木市は5月2日から金田、まつかげ台、小野の3つのモデル地区で、もえるごみの戸別収集を開始する。 収集日はこれまで通りで、試行期間は1...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「日本一のまち・あつぎ」へ

    「日本一のまち・あつぎ」へ 政治

    小林常良厚木市長へ特別インタビュー

     「令和」、新たな時代の幕開け――。本紙では2月の厚木市長選挙で4選を果たした小林常良市長に特別インタビューを行った。改めて4期目への思いや抱負、今年度予算や重...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「豊かさの概念を変えたい」

    横内謙介さんインタビュー

    「豊かさの概念を変えたい」 文化

    「厚木」「演劇」への想い語る

     あつぎ文化芸術特別大使、市文化会館芸術監督として、厚木市の文化振興に大きく貢献している劇作家・演出家の横内謙介さん(57)。厚木と演劇についての想いを「豊かさ...(続きを読む)

    5月1日号

  • 時代を創るのは僕たち

    時代を創るのは僕たち スポーツ

     年に2回行われる冬季競技の世界最高峰プロ大会『Xゲームズ』。スノーボード選手にとって五輪やワールドカップと並ぶ大会で、昨年5月のノルウェー・オスロ大会と、今年...(続きを読む)

    5月1日号

  • 地域とかかわる契機に

    地域とかかわる契機に 社会

    湘北短期大学 福祉委員会

     市内温水にキャンパスを構える湘北短期大学では、年に4回、「クリーンキャンペーン」を実施している。 同大に通う学生の有志およそ50人で組...(続きを読む)

    5月1日号

幸せつなぐ 相続勉強会

基礎知識から応用事例まで、相続全般が学べます

https://fsouzoku.jp/seminar/

小町山グリーンホーム入居者募集

プライバシー・24時間安全の両立をめざした施設です。居室内の見学も可能です。

http://seiryukai1989.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク