厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

めざせパラリンピック 県育成事業に厚木から2人選定

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

 東京2020パラリンピックに神奈川の選手が一人でも多く出場することをめざして、神奈川県庁舎で5月31日、県パラリンピアン育成事業認定書交付式が開催された。

 パラリンピックでの活躍が期待されるパラアスリート、およびその指導者の活動費を県が助成するもので、今年で4年目。県内で選手35人・指導者2人が選ばれ、発行エリア内からは、卓球の宮内良選手(厚木市旭町)と車いすバスケットボールの鈴木百萌子選手(同飯山)の、平成元年度生まれの2人が選定された。

 当日は浅羽義里副知事が「流した汗が報われるよう頑張ってほしい」と激励。一人ひとりに認定書が手渡された。選手代表の言葉は、5人制サッカーの佐藤大介選手が「表彰台に上がれるよう大きく躍進し、さらにその先をめざす」と話した。

車いすバスケ

 激しさ故、格闘技とも称される車いすバスケ。昨年は日本代表としてアジアパラ大会で銀メダルを手にした。

 「2020が大きな一つの目標」。より高みを目指して、4月に名古屋の強豪チームへ移籍し、自動車で通うかたわら、厚木では男子チームに交じり練習に励む。「まずは12人に選出されること。出られるならば、メダルをめざす」。

卓球

 練習は個人レッスンのほか高校や大学に足を運び、健常者とともに汗を流し、筋力トレーニングにも励む。「大会に出て、メダルを狙う。負けずに勝つ」と力強く話した。

 現在世界ランキング11位。昨年はスペイン大会でシングルス3位、団体優勝の成績も残した。現在、今月行われるチャンピオンシップに向けて調整している。その先には「子どもや障がいを持つ人の目標や手本となれたら」。夢へ向かって、ひたすらに―。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

不登校児に「学び」の支援

不登校児に「学び」の支援 社会

無料塾「ねこの手」小室 善昭さん

6月14日号

「次へ」繋ぐ 親方の心意気

Zoom up

「次へ」繋ぐ 親方の心意気 経済

厚木建築職組合 組合長 井上菊一さん(69)

6月14日号

介護職のあなたを応援

厚木市愛川町

介護職のあなたを応援 社会

支援事業を紹介

6月14日号

半原宮大工の足跡語る

半原宮大工の足跡語る 文化

郷土の校舎建造を解説

6月14日号

不思議な日本語のタイル

不思議な日本語のタイル 社会

串田歯科医院前にポツリ

6月14日号

好物のマグロをパクリ

好物のマグロをパクリ 社会

渡辺ヤマさん110歳の誕生会

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で探そうカブトムシ

厚木市建設業協会二世会

親子で探そうカブトムシ

7月20日 参加費無料

7月20日~7月20日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク