厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

6月9日に開催される、あつぎ飯山あやめ祭りの大会会長を務める 森久保 純生さん 厚木市飯山在住 73歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

地域で咲かせる笑顔と花

 ○…休耕地を活用して地域を活性化させようと始まったあつぎ飯山あやめ祭り。大会会長を任され4年目。「大それた肩書は当日だけだよ。気心知れた地域の仲間みんなでやっているんだ」と笑う様からは、仲間たちへの厚い信頼が伺える。自治会や消防団、農業委員など、地域の団体から集まったメンバーが、あつぎ飯山あやめ会として年間を通して準備している。

 ○…飯山では、桜やポピー、ざる菊など咲き乱れる花々を活用して、地域の活性化にむけイベントを行う。実際のところ、一つのイベントのためだけでなく、地域で分担し年間を通して管理運営しているのだそう。心配の種は高齢化。「何かやりましょうよ!っていう、元気な若い力が欲しいね」。「何事も一歩一歩進んでやっとクリアできると、良い仲間ができているもの。役が人を育てるんだ」と語る口調は力強く、情熱が溢れている。

 ○…飯山で生まれ育ち、小鮎小・厚木中・厚木高卒の生粋の厚木っ子。大学を出て郵便局に勤めるはずだったが、卒業を目前に控えた年末、ひょんなことからガソリンスタンドを経営することに。以来52年に渡り(有)飯山石油を盛り立ててきた。また数々の団体で役を歴任しており、瑞宝単光章も受章している。孫は4人。「多忙で子どもの面倒が見れなかった分、孫に手をかけてやりたいな」と目尻を下げた。

 ○…一昨年あたりからハナショウブの咲きが悪くなったのを感じていた。多くの人の案を取り入れやっていたが、今年は県農業技術センターから専門家に来てもらい土地を改良。ハナショウブは見事にたくさんの花を咲かせ、祭当日を待ちわびている。「当日だけでなく、前後にもたくさんの人が見に来てくれる。満開の笑顔を咲かせて喜んでもらえたら、うれしいねえ」

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

神崎 寿美代さん

ヨミガタリストとして10月19日に厚木市内で地元の民話語りを行う

神崎 寿美代さん

厚木市上荻野出身 52歳

10月18日号

松浦 広明さん

世界観光倫理委員会の委員に就任した

松浦 広明さん

松蔭大学副学長 40歳

10月11日号

頼住 道夫さん

スポーツを通した子どもたちの教育に尽力する

頼住 道夫さん

厚木市飯山在住 67歳

10月4日号

河辺 裕司さん

厚木警察署の署長に9月5日付で就任した

河辺 裕司さん

第96代署長 57歳

9月27日号

森 貞夫さん

厚木税務署長に就任した

森 貞夫さん

55歳

9月20日号

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

石川 弘子さん

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した

石川 弘子さん

厚木市厚木町在住 46歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

参加募集

参加募集

中村紀洋さん講演会

11月29日~11月29日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク