厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

清川村 タブレット本格導入 全児童・生徒に貸与

教育

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
プログラミングの授業でタブレット端末を使う児童(愛川町立中津第二小学校)。今後も教育現場へのタブレット端末導入が進んでいく
プログラミングの授業でタブレット端末を使う児童(愛川町立中津第二小学校)。今後も教育現場へのタブレット端末導入が進んでいく

 清川村教育委員会が村内小中学校の児童と生徒に1人1台、タブレット端末を貸与する。6月14日の村議会6月定例会で補正予算が成立したことを受け、同教育委員会では2学期中の導入をめざす。

 今回のタブレット端末導入は、次期学習指導要領に規定される「ICT(情報通信技術)を活用した学習活動の充実」を図るためのもの。

 村内の児童・生徒数は2019年5月1日現在、小学生135人と中学生70人の合計205人。タブレット端末を全員に貸与するため、補正予算では初期導入費用とリース費用あわせて941万7千円を計上した。岩澤吉美村長は「『低学年からタブレット端末が必要なのか』という声もありますが、将来を見据えると、小さな頃から馴染んでおくことは大切」と話す。

 村教育委員会によると、これまでも村内の学校ではパソコンを使った学習は行われていたが、タブレット端末の導入は初の取り組み。

 端末は校外でも使用できる環境を整える方向で、教室外で植物や昆虫をその場で調べることもできるという。村教育委員会では「具体的な使い方は、今後各学校と調整していきたい」と話す。

教育現場で活用進む

 IT技術やAIの普及など、社会情勢の変化にあわせ、教育現場へのタブレット端末導入は各地で進んでいる。

 厚木市では、2017年度から市立の小学校23校と中学校13校にタブレット端末を導入。1クラス全員が使えるように各校約40台があり、授業でも活用されている。市教育委員会によると、録画機能を使用して体育の授業で体の動かし方を記録し、改善方法を考えるほか、中学校の英語では発音の確認などにも活用されている。また、児童たちがグループで議論する際に意見やアイデアを気軽に記入するメモ機能や、プログラミング学習でも使われているという。

 愛川町では、既に町立小学校6校と中学校3校に数台のタブレット端末があるが、11月頃に各校約40台を新たに導入する方針だ。2020年度の小学校でのプログラミング教育必修化を見据え、町では今年度から先行してプログラミング教育も導入している。

 また、中津第二小学校では学習支援を受けてタブレット端末19台が導入され、児童がタブレット端末を使ってコンピュータグラフィックの作製や作曲なども行っている。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

コラボで「良いとこどり」

コラボで「良いとこどり」 社会

2つのダムカレー特別仕様に

7月12日号

難波氏がトップ当選

厚木市議選

難波氏がトップ当選 政治

28人の顔ぶれ決まる

7月12日号

検討委が提言書提出

厚木市

検討委が提言書提出 社会

中町第2-2整備計画

7月5日号

いざ2つ目の頂きへ

いざ2つ目の頂きへ スポーツ

壮年キックボクサー 7日タイトルマッチ

7月5日号

共同開発が本格始動

清川村相模女子大

共同開発が本格始動 社会

商品化視野にレシピ考案

6月28日号

未来の厚木を語ろう

未来の厚木を語ろう 社会

総合計画策定へ参加募る

6月28日号

1450件で過去最多

厚木児相相談件数

1450件で過去最多 社会

前年から2割増加

6月21日号

夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、キャンペーン期間は7月31日(水)まで

https://www.daiwa.jp/campaign/1906dnb/

ケアワーカー・保育士募集中

特別養護老人ホームミノワホームと厚木市認可保育園カミヤト凸凹保育園で求人募集

http://www.minowahome.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク