厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

地域の子育て応援団―【8】 ”ホッとできる場”を提供 子育てサークルとまり木

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
子育てサークルとまり木のメンバー。左から2番目が代表の津田典子さん
子育てサークルとまり木のメンバー。左から2番目が代表の津田典子さん

 「乳児を連れて集まれる場所が欲しい」という母親の声をきっかけに、2006年3月に発足した子育てサークルとまり木(愛川町/津田典子代表)。「とまり木」という名称は、ゴールが見えない家事や育児をこなすママたちにとって、鳥が木でひと休みするように『ホッとできる場』を提供したいとの想いが込められている。

 同会の活動は、赤ちゃん連れ親子の交流会から始まった。現在は、月1〜2回のおしゃべりサロン、幼稚園・保育園選び体験談会、そのほか講座などを開いている。津田さんは「ママ自身が企画運営することで、自分たちのやりたいことを実現できます」とにっこり。また、ママたちが得意分野を活かして講師を務めることもあり、自己表現の場を提供している。おしゃべりサロンの参加者からは、「子どもを見てくれる人がいると、ゆっくり食べられて嬉しい」や「ホッとできる」などの感想が寄せられている。

 助産師の資格を持つ津田さんは、次女を出産後、勤めていた病院を退職し、出張でおっぱい相談を受けたり、助産院の当直を手伝ったりしていた。それから町の新生児訪問に携わるようになり、「ママたちが交流できる場が必要」と感じ、とまり木を発足することに。自身の子育てを振り返ると、「長女のときは初めてのことばかりで大変だった」と吐露する。「子育て中のママは育児と家事がメインで、なかなか自分の時間を作れない。ママたちは本当にすごいと思う。頑張り過ぎないでたまには息抜きして」と呼びかける。

 次回のおしゃべりサロンは、6月29日(土)の午前10時30分から午後3時まで、春日台タウンカフェ(愛川町春日台3の6の28)で開催。「0歳児を持つママにもたくさん来てほしい」と話す。「赤ちゃんと触れ合うと、自分の子どもが小さかったときを思い出してほっこりして。だから続けてこられた」と穏やかにほほ笑む。

 問合せ・申込みは【メール】tomarigi_aikawa@yahoo.co.jpへ。

活動の様子
活動の様子

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「今年は例年より早めの開花」

「今年は例年より早めの開花」 社会

あつぎつつじの丘公園

4月23日号

「血糖値の上がりにくいお菓子を」

愛川つつじ饅頭

「血糖値の上がりにくいお菓子を」 社会

4月23日号

男子は玉川中、女子は東名中が優勝

【Web限定記事】厚木市中学生ソフトテニス大会

男子は玉川中、女子は東名中が優勝 スポーツ

コロナの影響で2年ぶりに開催

4月23日号

医療従事者へ「感謝のイチゴ」

【Web限定記事】愛川町

医療従事者へ「感謝のイチゴ」 社会

町役場幹部職員が寄贈

4月23日号

河川マナー向上を呼び掛け

【Web限定記事】愛川町

河川マナー向上を呼び掛け 社会

中津川沿い9カ所

4月23日号

振込め詐欺抑止に感謝状

【Web限定記事】

振込め詐欺抑止に感謝状 社会

「勇気のいることでありがたい」

4月23日号

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter