厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した 石川 弘子さん 厚木市厚木町在住 46歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

誰もが活躍できる社会へ

 ○…「注意をしたら慰謝料請求されました(40代管理職)」――刺激的なキャッチコピーが帯に踊っている。先月、日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した。社会保険労務士として、産業カウンセラーとして、ハラスメント防止コンサルタントとして、実際に相談を受けたケースをもとに、数々の事例を紹介しつつ、対処法を解説。2015年に文藝春秋から出版した『あなたの隣のモンスター社員』に続く2冊目の著書だ。ビジネスサイトでもコラムを執筆。その企画力や筆力には定評がある。

 ○…小鮎中、厚高を経て、当時、森の里にキャンパスのあった青山学院大学へ進学。一般企業に就職するもピンとこなかった。そんな時に当時の上司に勧められたのが資格取得だった。これが大きな転機。挑んだのは社労士。「これが自分が求めていた”志事”」と合格した翌年に独立開業。旭町の合同事務所に席を置き、顧客を得るためにテレアポやダイレクトメール発送など、できることは何でも挑戦。商工会議所にも自ら飛び込んだ。「対応してくれた職員の方に相談に乗ってもらいながら試行錯誤の日々でした」と振り返る。

 ○…現在、開業15年目。フェリタス社会保険労務士法人代表。職員17人を束ねる。自身を「パンチの効いた性格」と分析。好きな言葉は「感謝、誠実、勇気」。「この3つを大切にしてきたからこそいまの充実した日々があると思う」ときっぱり。経営目的には「誰もが生きがいを持って活躍できる社会の実現に貢献」を据えている。「どんな人でも個性が尊重されて、生きがいを持って活躍できれば、社会はもっと良くなる。そのお手伝いがしたい」。趣味はフラメンコ。好きな食べ物はスレンダーな外見を裏切る”こってりラーメン派”。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

森 貞夫さん

厚木税務署長に就任した

森 貞夫さん

55歳

9月20日号

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

寺岡 まゆみさん

第58代厚木市議会議長に就任した

寺岡 まゆみさん

厚木市戸室在住 61歳

8月30日号

打矢 純子(うちやすみこ)さん

神奈川県歯科衛生士会の会長を務める

打矢 純子(うちやすみこ)さん

厚木市鳶尾在住 64歳

8月16日号

幸田(こうだ) 裕介さん

若年性認知症の啓発と支援活動に奔走する

幸田(こうだ) 裕介さん

厚木市南町在住 44歳

8月2日号

難波 勝文さん

(一社)厚木歯科医師会の会長を務める

難波 勝文さん

妻田ナンバ歯科医院 院長 59歳

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク