厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した 石川 弘子さん 厚木市厚木町在住 46歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

誰もが活躍できる社会へ

 ○…「注意をしたら慰謝料請求されました(40代管理職)」――刺激的なキャッチコピーが帯に踊っている。先月、日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した。社会保険労務士として、産業カウンセラーとして、ハラスメント防止コンサルタントとして、実際に相談を受けたケースをもとに、数々の事例を紹介しつつ、対処法を解説。2015年に文藝春秋から出版した『あなたの隣のモンスター社員』に続く2冊目の著書だ。ビジネスサイトでもコラムを執筆。その企画力や筆力には定評がある。

 ○…小鮎中、厚高を経て、当時、森の里にキャンパスのあった青山学院大学へ進学。一般企業に就職するもピンとこなかった。そんな時に当時の上司に勧められたのが資格取得だった。これが大きな転機。挑んだのは社労士。「これが自分が求めていた”志事”」と合格した翌年に独立開業。旭町の合同事務所に席を置き、顧客を得るためにテレアポやダイレクトメール発送など、できることは何でも挑戦。商工会議所にも自ら飛び込んだ。「対応してくれた職員の方に相談に乗ってもらいながら試行錯誤の日々でした」と振り返る。

 ○…現在、開業15年目。フェリタス社会保険労務士法人代表。職員17人を束ねる。自身を「パンチの効いた性格」と分析。好きな言葉は「感謝、誠実、勇気」。「この3つを大切にしてきたからこそいまの充実した日々があると思う」ときっぱり。経営目的には「誰もが生きがいを持って活躍できる社会の実現に貢献」を据えている。「どんな人でも個性が尊重されて、生きがいを持って活躍できれば、社会はもっと良くなる。そのお手伝いがしたい」。趣味はフラメンコ。好きな食べ物はスレンダーな外見を裏切る”こってりラーメン派”。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

谷 秀次郎さん

アミューあつぎで亡き妻を追悼する初の陶画・陶芸個展を開催している

谷 秀次郎さん

厚木市森の里在住 75歳

2月14日号

大田 勝行さん

厚木歩け歩け協会の会長を務める

大田 勝行さん

厚木市岡田在住 70歳

2月7日号

フロリダ久美さん(本名:加藤久美子)

著書『人生は夢マラソン』が有隣堂厚木店の文芸部門で5週連続1位を獲得した

フロリダ久美さん(本名:加藤久美子)

厚木市出身 41歳

1月31日号

柴田 晋太朗さん

癌を克服しフットゴルフW杯出場を目指しジャパンツアー参戦中の

柴田 晋太朗さん

厚木市寿町在住 20歳

1月24日号

石川 操さん

体育功労者団体の部で表彰を受けた依知北地区体育振興会の会長を務める

石川 操さん

厚木市山際在住 69歳

1月17日号

田代 宰(つかさ)さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第52代理事長に就任した

田代 宰(つかさ)さん

弁護士 35歳

1月10日号

神田 裕子さん

ピティナ あつぎwakuwakuステーションの代表を務める

神田 裕子さん

厚木市上荻野在住 52歳

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク