厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「きっちりした操作」で3連覇 厚木市消防団第4分団第4部(中荻野地区)

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞を受賞した第4分団第4部の団員(右から森久保さん、田中さん、鈴木さん、国光さん)
最優秀賞を受賞した第4分団第4部の団員(右から森久保さん、田中さん、鈴木さん、国光さん)

 ▽9月は防災月間。いざという時に地域の防災、減災に努めるのが消防団だ。厚木市内には8分団・546人の団員がおり(9月1日現在)、火災や台風などに備えて、日々訓練している。なかでも、中荻野地区の第4分団第4部(土屋浩二部長)は、7月に行われた第18回厚木市消防団消防操法大会で最優秀賞を受賞。第4分団に大会史上初の3連覇をもたらした。

 ▽大会に出場したのは森久保大輔さん(36/指揮者)、田中竜太さん(33/1番員)、鈴木貴さん(40/2番員)、国光賢さん(46/3番員)。競技の小型ポンプ操法は、4人1組で、ポンプから3本のホースを延長し、火に見立てた的を倒すまでの時間や隊員の士気、規律、正確性などを競う。4人は大会に向けて4月末から、週2、3日のペースで訓練し、本番に臨んだ。「勝つことではなく、本来の目的であるきっちりとした操作を第一に臨んだ」と森久保さん。その結果「本番がこれまでで一番うまくできた」と喜んだ。

 ▽現在、荻野地区の消防団は第5部まであり、52人が活躍している。消防団のやりがいを田中さんは「地元のためにやっていることを実感でき、貢献できる」と胸を張ると、鈴木さんは「地元の人と繋がれて、仲間として受け入れてもらえた実感がある」と話す。また、国光さんは「最優秀賞を取って、地元の人に『良かったね』と声をかけられて嬉しい」と話す。土屋部長は「団員に現場でケガをさせないよう訓練し、地域の安全を守っていきたい」と話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

遊休地対策の妙手となるか

タウンレポート

遊休地対策の妙手となるか 社会

「あいかわ準農家制度」

9月20日号

「ともに生きる」を考える

「ともに生きる」を考える 社会

西川悟平氏が厚木西高で出前講座

9月20日号

「厚木の賑わいに」

「厚木の賑わいに」 社会

ライフ白銅が市長表敬

9月20日号

地域に根差した元気な店へ

地域に根差した元気な店へ 経済

イオン厚木店店長 江口裕二さん(54)

9月20日号

将来を考える

将来を考える 教育

荻野中で職業講話

9月20日号

リレーで認知症啓発

9月28日

リレーで認知症啓発 社会

RUN伴(ランとも)

9月20日号

里芋を満月に見立て

里芋を満月に見立て 教育

厚木市内で郷土給食

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク