厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

「ともに生きる」を考える 西川悟平氏が厚木西高で出前講座

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
あきらめない力を伝えた西川氏
あきらめない力を伝えた西川氏

 神奈川県が共生社会の実現をめざして取り組みを進める「ともに生きる社会かながわ憲章」―。

 その取り組みのひとつとして、県と県立厚木西高等学校は9月9日、7本指のピアニストとして世界で活躍する西川悟平氏を招いた出前講座・コンサート&トークショーを松蔭大学・SHOIN HALLで開催。同校の全校生徒が参加した。

 西川氏はピアニストとして活動するも、2001年にジストニアを発症。「一生ピアノは弾けない」という医師の宣告を受けたが、懸命なリハビリで乗り越え、7本指で演奏できるまでに回復。今では「7本指のピアニスト」として世界中を魅了する国際的ピアニスト。昨年、かながわSDGsスマイル大使に就任している。

「あきらめない」

 当日は、県職員が2016年に定められた「ともに生きる社会かながわ憲章」について説明。その後、西川氏が舞台に登場すると、生徒たちから大きな拍手で迎えられた。

 西川氏は軽快なトークでピアノとの出会いからピアニストになるまで、ジストニアからの復帰、ニューヨークでの出来事を紹介。トークの間には、ショパンやビートルズの名曲をピアノで披露し、夢へ向かう力とあきらめないことの大切さを生徒たちに伝えた。

 講座を終えて同校3年の島㞍雅貴さんは「つらい経験がピアノの力になっていて、心に響きました」と感想を話す。また中島理佐さん(3年)は「西川さんのようにあきらめないで、自分のやりたいことを追求する人間になりたい」と話した。

 本紙の取材に西川氏は「最悪の出来事もちょっとした考え方と行動で最高に変わることがあります。病気や障がいにより今まで見えなかったことに気付き、感謝することで奇跡も起きる」と話す。また「自分の思いを口にして、奮い立たせ、あきらめないようにしてきました。自分で限界を作らずに、行動を起こしてほしい」と生徒たちへのメッセージを語った。
 

真剣に耳を傾ける生徒たち
真剣に耳を傾ける生徒たち

”生きる力”は友だちから

10月1日(火)運動会(幼稚園園庭にて)9:15~、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

中国からマスクのお返し

3000球のチューリップ

山際のレストラン栗の里

3000球のチューリップ 社会

4月3日号

72言語に対応

72言語に対応 社会

愛川町が翻訳機導入

4月3日号

「元気あふれる交流都市」めざす

厚木市人事

「元気あふれる交流都市」めざす 社会

部長職に15人が昇格

4月3日号

ホテルでテレワーク

レンブラントホテル厚木

ホテルでテレワーク 社会

4月3日号

「やりがいや達成感になる」

「やりがいや達成感になる」 社会

国勢調査員を募集

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク