厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

里芋を満月に見立て 厚木市内で郷土給食

教育

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

 子どもたちの“ふるさと愛”を育むため、厚木市では学校給食の献立に郷土料理を取り入れている。9月13日の十五夜に合わせ9日の週に、市内の小・中学校36校で、月見汁が提供された。

 13日、毛利台小学校(多田智子校長/児童数542人)の1年2組の教室には、大きな声で「いただきます」と響いた。

 この日の献立は、五目ごはん、牛乳、たちうおの竜田揚げ、月見汁、月見団子。十五夜は「芋名月」とも呼ばれることから、月見汁には満月に見立てて、丸くカットされた里芋などが使用された。きなこがたっぷりついた月見団子は一番人気。大きな口を開けてかぶりつく姿が見られた=写真。「お団子が一番おいしかった」と、笑顔で感想を話す児童の姿も。

 多田校長は「給食は記憶に残るもの。自分たちの住んでいる地域について、給食を通して知ることができ、素晴らしい体験になった」と話した。

”生きる力”は友だちから

10月1日(火)運動会(幼稚園園庭にて)9:15~、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

高齢者等にマスク配布

サイズは上々

サイズは上々 社会

6月1日から鮎解禁

5月29日号

「あつぎメロン」読者5名様に

厚木市が独自支援を拡充

【Web限定記事】

厚木市が独自支援を拡充 社会

約3億8500万円を追加補正

5月29日号

相模原と県央統合でさがみ支部へ

(公社)全日本不動産協会

相模原と県央統合でさがみ支部へ 経済

支部長に鈴木正美氏

5月29日号

地域の取り組みを募集

6月は環境月間

地域の取り組みを募集 社会

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク