厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

厚木警察署の署長に9月5日付で就任した 河辺 裕司さん 第96代署長 57歳

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

「チーム力で治安を守る」

 ○…2000年に地域第三課長として1年間、厚木署に赴任。「当時は本厚木駅前の繁華街で客引きなどが多く、刑法犯が右肩上がりの時期。事件事故の多いエリアというイメージだった」と振り返る。それ以来、約20年ぶりに厚木署に戻ってきた。「本厚木駅前の交番も新しくなっていたし、警察署も移転した。以前よりも働きやすい環境になったね」と話す。

 ○…警察官をめざしたのは大学3年の時。警視庁に勤め始めた大学の先輩と再会した時に、「自分に合う仕事だ」と感じた。当初は一般企業への就職をめざしていたが、「こういう社会貢献の仕方もある」と警察官を志した。これまでに県内の警察署をはじめ、暴走族対策室、県警本部の少年捜査課長、総務課長などを歴任。生活安全対策課のストーカー対策室長の時には、逗子市で起きたストーカー殺人事件に携わった経験から、「二度と起こしてはいけない事件。あのような辛い思いを誰にも経験させたくない」と渋い顔で語る。

 ○…相模原市の出身。小さい頃からスポーツが好きで、小学校では野球、中学校はハンドボール、高校はバレーボールで汗を流した。現在の趣味はゴルフだが、職務に専念するため「しばらくはお預けかな」。一方で、「柔道着は持ってきているよ」とにっこり。まだまだトレーニングは欠かさない。

 ○…厚木署は厚木市、愛川町、清川村の1市1町1村を管轄する。「有名企業がある工業団地、ベッドタウン、温泉地、観光地など、何でも抱えているエリア」と称する。その中でめざすのは、もちろん安全、安心の町。「署長一人では何もできない。人との出会いを大切にして、組織のチーム力を高めて治安を守る。1+1が3や4になるように、一丸となって安全・安心を守りたい」

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

佐々木 安雄さん

緑ケ丘公民館50周年の記念事業実行委員長を務めた

佐々木 安雄さん

厚木市王子在住 80歳

1月21日号

伊藤 真弓さん

NPO法人ライラック心の会の理事長を務める

伊藤 真弓さん

愛川町中津在住 53歳

1月14日号

小島 圭太さん

1月1日付けで、(公社)厚木青年会議所第54代理事長に就任した

小島 圭太さん

厚木市元町在住 39歳

1月7日号

深津 彰詞さん

清川村に拠点を移した(一社)しっぽ村の代表理事を務める

深津 彰詞さん

厚木市林在住 45歳

12月17日号

のむら うこさん

最新作で第6回絵本出版賞・審査員特別賞を受賞した絵本作家

のむら うこさん

厚木市毛利台在住 45歳

12月10日号

福島 和幸さん

厚木神社での骨董市を主催する

福島 和幸さん

厚木市妻田西在住 66歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook