厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

キラリ光るママを紹介―【19】 ママだってキラキラしたい! mama sun代表 原田美由紀さん(39)

文化

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

 現役子育て中のママたちが集う合唱サークル「mama sun」の代表を務める原田美由紀さん(愛川町中津在住)。「ママだってキラキラしたい!」をキャッチフレーズに、2011年に活動を始め、今年で9年目になる。月に2回、レディースプラザ音楽室で練習を行っている。現在は、11月23日(祝)に愛川町文化会館で行われる「愛川町合唱祭」へ向け、練習中。合唱祭では、NHK朝ドラメドレーをオリジナル編曲で披露する予定だ。「自分たちで作り上げていく感じが楽しい」と目を輝かせる。本番では、メンバーの子どもたちと一緒に歌う曲もあり「ステージで子どもたちと歌うことが夢だった」。15年に親子共演を果たした。

 茅ヶ崎市出身。結婚を機に愛川町へ。現在、小6と小4の女の子を子育て中。「愛川町は自然が多くて子育てしやすい」という。子どもたちが幼稚園へ通うまでは、週3、4回は子育て支援センターへ行っていたという。そこで知り合ったママたちと立ち上げたのが「mama sun」。原田さん自身も、中・高と合唱部に所属し、歌うことが大好き。中学時代は、県のコンクールで金賞を受賞し、関東大会へ出場するほどの実力の持ち主。ゴスペル好きのママや、音大出身のママと「やってみよう」と意気投合した。引っ越しやメンバーの入れ替えもあり、現在は4人で活動する。「メンバー募集中です。子連れでの参加もOKなので、興味のある方、パワーのある方にぜひ参加してほしい」と呼びかける。

 活動を続けてこられたことに、「主人のサポートのおかげ。ステージは絶対に見に来てくれます」と感謝の気持ちを忘れない。子どもたちへは、「母親のがんばっている姿を子どもたちに見てほしくて。好きなことを続ける事を、自分の背中から感じてほしい」。そう話す表情は凛々しくもあり、やさしい母親の顔だった。
 

昨年のクリスマス会のようす
昨年のクリスマス会のようす

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

地域をつなぐ

愛川町

地域をつなぐ 社会

さくらまつり今年も盛況

12月6日号

熱戦パイプロボコン

熱戦パイプロボコン 文化

アスリート杯に新種目

12月6日号

一日署長に岡村アナ

一日署長に岡村アナ 社会

14日 交通安全パレード

12月6日号

事故に気をつけて明るい年末年始を

交通安全特別企画

事故に気をつけて明るい年末年始を 社会

12月6日号

野球部OBが野球教室

日産自動車

野球部OBが野球教室 社会

広島カープ・長野選手らも参加

12月6日号

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

12月6日号

日産の土井三浩氏講演会

聴講無料参加募集中

日産の土井三浩氏講演会 経済

12月18日 レンブラントHで

12月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク