厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

厚木青年会議所50周年 若きちから団結

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

 設立メンバーのひとりである。「私にとってはJCとは、血となり肉になった充実した時期でした」と話す。生粋の厚木っ子。大学卒業後、日本石油に入社。(株)高橋石油の2代目として地元に根差すと決心したころに、厚木JC立ち上げの話が持ち上がった。日夜、先輩や仲間たちと街づくりについて語り明かした。全員が我が街づくりに真剣そのものだった。「(JCは)社会のクッション的な存在として中庸をいく団体」と私見を述べる。

 理事長時代はオイルショックの直後。経済界低迷の中、会員の減少にも悩んだ時期。メンバーは一様に自分たちの会社の足元を固めようと(倒産しないようにと)必死だった。経営者としての自覚を持つための例会を充実させ、デール・カーネギーについても深く学んだ。あつぎ鮎まつりへの参加を決めたのもこの年。日米チャリティーダンスパーティーや市民教育討論会の開催など新たな試みに挑戦。「厚木JC」の土台を築いた。

 40歳でJCを卒業した直後は高校時代の恩師でもあり、厚木さつきライオンズクラブの初代会長を務めた足立原市長(当時)のもと、初代幹事としてクラブの設立にも尽力した。その後、54歳の時に市議会議員初当選。ふるさと厚木のまちづくりに奔走した。精力的な活動の根幹は「JCで培ったもの」ときっぱり。「JC時代の仲間は一生の友だちだよ」。信条は「不易流行」。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

諏訪部 晶(さかえ)さん

「水辺の生き物調査隊」の隊長を務める

諏訪部 晶(さかえ)さん

厚木市旭町在住 69歳

5月29日号

佐藤 明さん

厚木市の副市長に就任した

佐藤 明さん

厚木市鳶尾在住 57歳

5月22日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

56歳

5月15日号

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

書道家で4月13日までアート展を開催している

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

厚木市飯山在住 45歳

4月3日号

井上 允(まこと)さん

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表

井上 允(まこと)さん

厚木市上荻野在住 72歳

3月27日号

葛巻 公司さん

吾妻団地を中心に地域活性に取り組む「ふれ愛・サロン吾妻」の理事長

葛巻 公司さん

厚木市吾妻町在住 61歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク