厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

県優良小売店舗表彰 南蛮屋本店が受賞  炭火焙煎コーヒー店

文化

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena
焙煎工場を案内する平井社長。工場見学もできる
焙煎工場を案内する平井社長。工場見学もできる

 2019年度神奈川県優良小売店舗表彰が11月7日に発表された。県内で中小小売業または飲食店を営む店舗の中から、真心尽くしたサービスと味や技が自慢の34店舗が表彰され、厚木市からは「南蛮屋本店」が選ばれた。

 南蛮屋本店(厚木市下依知1の1の1)は、1984年創業の炭火焙煎が特徴のコーヒー工房。南蛮屋のコーヒーで「小さな贅沢」を感じてほしいという思いで、世界各国のコーヒーを常時30種類以上取り扱う。また創業以来、炭火直火焙煎にこだわり続け、「豊かなコク」のあるコーヒーを提供している。

 もともとは厚木市関口に本店を構えていたが、手狭になり9年前に現在の場所へ移転。1階ではコーヒー豆をはじめ、オリジナルの焼き菓子やこだわりの食品、陶器、雑貨など、同店でしか購入できない商品を取り揃えている。2階はカフェになっており、ゆったりとした空間を提供。併設の建物は焙煎工場で、敷地内に焼き菓子工房を建設中という。

 今回の表彰を受け平井誠一郎代表取締役社長(69)は、「素直に嬉しい」と笑顔を見せる。現在、直営・フランチャイズを含め27店舗を展開する南蛮屋株式会社。「専門店が多展開するには、本店が有名にならないといけない。南蛮屋でしか買えないものを多く取り扱うことで、専門店として根付いた店づくりをしていきたい」と話す。また「コーヒー豆の焙煎は、同じ原料を使っても、燃料の違いで味が変わってくる。炭火焙煎は人がつきっきりで見ないといけないので、人手がかかり、さらには経験も必要」とそのこだわりを話す。

 同社はこれまでにも、農林水産省優良経営小売店表彰で食料産業局長賞を受賞している。

 なお、県優良小売店舗表彰は1976年度から(一社)県商工会議所連合会及び県商工会連合会との共催により実施しており、今回で44回目。

南蛮屋ガーデン。市内外からリピーターが訪れる
南蛮屋ガーデン。市内外からリピーターが訪れる

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

児童と作る花火動画

厚木JC

児童と作る花火動画 社会

12月中旬の配信目指す

11月20日号

20年の活動に感謝状

コンビニ防犯連絡協議会

20年の活動に感謝状 社会

会社の垣根越え情報共有

11月20日号

収穫野菜をFB(フードバンク)に寄付

東京農業大学

収穫野菜をFB(フードバンク)に寄付 社会

学園祭中止で「役に立てば」

11月13日号

出水騎手がファイナル進出

厚木市出身

出水騎手がファイナル進出 スポーツ

競馬のヤングジョッキーズシリーズ

11月13日号

ステッカーで厚木をPR

ステッカーで厚木をPR 社会

県トラック協議会・厚木

11月6日号

児童虐待・DV根絶へ

厚木市

児童虐待・DV根絶へ 社会

啓発活動を2カ所で実施

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク