厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

熱戦パイプロボコン アスリート杯に新種目

文化

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
 配管をスルスル下っていくロボット
 配管をスルスル下っていくロボット

 ロボットによる大運動会「ロボットアスリートカップ」が11月30日、12月1日にアミューあつぎ9階で行われた。

 年2回、定期的に開催されている同イベント。今回は二足歩行ロボットによる格闘競技、10m障害走、ダンスなどの種目で熱い戦いが繰り広げられた。

 30日には、今大会から新種目になった「パイプロボコン」競技も実施された。パイプロボコンは直径75mmの配管でできたコースにロボットを入れ、スピードを競うもの。当日は飛び入り参加を含め16人がエントリー。操作に苦戦する参加者も見られるなか、見事優勝に輝いたのは、1分5秒のタイムを記録した伊藤吉輝さん(川崎工科高校2年)だった。伊藤さんは「思ったよりも小さくて操作が難しかった。ロボットをよく観察して臨んだのがよかった」と振り返る。大会を主催したロボットゆうえんちの岡本正行氏は「東北発祥のパイプロボコン。今後もどんどん広げていきたい。テクノロジーが文化として根付くように、もっとロボットに気軽に触れられる環境を作っていきたい」と話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

奉仕の誓い新たに

厚木RC

奉仕の誓い新たに 社会

60周年で記念例会

5月14日号

4市の書作品を展示

4市の書作品を展示 文化

20日から県央連合書展

5月14日号

ATGサイレン灯

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで

国際ソロプチミスト厚木

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで 社会

コロナ禍で初の取り組み

5月14日号

「シーゲイルズJr.」始動

中学生ラグビー

「シーゲイルズJr.」始動 スポーツ

県央・県西地区に受け皿

5月14日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter