厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

清川村 学びに新たな「可能性」 全小中学生にタブレット

教育

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena
タブレットのある授業が既に浸透している緑小の6年生たち
タブレットのある授業が既に浸透している緑小の6年生たち

 2020年度からの次期学習指導要領を見据え清川村が11月1日から、村立小中学校の全児童・生徒・教職員に1人1台(計252台)、タブレット端末を導入した。村の教育現場では、既に変化が起きている。

 取材に訪れた12月16日、村立緑小学校6年1組では、来年1月に開催される「子ども議会」に向けた資料作りが行われていた。児童たちが自分たちで調べた村の課題をもとに、意見や要望を発表するため、パソコンとタブレットを併用して情報を整理。議場で表示する大きな画面はパソコンで作り、読み上げるための詳細な資料は議席まで持ち込めるタブレットで作るなど、用途に合わせた工夫だ。導入からわずかな期間で、児童たちはスムーズにタッチパネルを操作していた。

 6年1組担任の福満昭久教諭は「子どもたちから『こんな使い方もできるよ』と教えてくれることもあるんですよ」と、児童の吸収の速さを語る。タブレットには学習支援ソフトが入っており、不得意な科目を学習することや、中学進学に向け予習をすることもできる。国語や算数など主要科目だけでなく、図工や体育などほぼ全ての科目で活用されているという。児童らも「使っていて楽しい」と笑顔を見せる。福満教諭は「学習教材として非常に可能性がありますね」と話す。

 小中学校へのタブレット導入は厚木市や愛川町でも進んでいるが、全児童・生徒への貸与は清川村ならでは。情報化社会を見据え、低学年からタブレットに触れる機会を増やし、より身近なものにするためだ。村では252台のリース代として約850万円の予算を計上している。同校の井上美香教頭は「効果的な使い方を考え、今後も低学年から高学年まで、タブレットの活用に取り組んでいきたい」と話す。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

待機児童対策で市と連携

社会福祉法人新考会

待機児童対策で市と連携 教育

妻田北に4月から新施設

2月21日号

あつぎ元気プラン総仕上げ

厚木市当初予算案

あつぎ元気プラン総仕上げ 経済

一般会計は859億円

2月21日号

NZサッカー協会と調印

厚木市

NZサッカー協会と調印 スポーツ

東京2020 代表チーム7月事前合宿

2月14日号

本厚木駅南口に新駐輪場

本厚木駅南口に新駐輪場 社会

労基署跡に4月オープン

2月14日号

郷土資料館跡に移転へ

厚木北児童館

郷土資料館跡に移転へ 社会

安全性、利便性を考慮

2月7日号

厚木市は1人

待機児童

厚木市は1人 教育

愛川町は17人、清川村は0人

2月7日号

多世代の憩いの場に

あさひ公園(厚木市旭町)

多世代の憩いの場に 社会

2月24日にオープン

1月31日号

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク