厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

待機児童 厚木市は1人 愛川町は17人、清川村は0人

教育

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県はこのほど、2019年10月1日現在の県内の保育所等利用待機児童数が3190人となり、2018年同月と比べ603人減少したと発表した。厚木市は1人(同29人減)、愛川町は17人(同13人減)、清川村0人(同増減0)だった。

厚木市

 厚木市では、待機児童ゼロへの取り組みとして、2018年10月に小規模保育施設2園(定員27人増)、19年4月に認可保育所3園(定員276人増)、同月に小規模保育施設6園(定員114人増)を開設し、合わせて417人の定員増を図った。

 また、保育士不足解消へ向け、18年4月から「保育士復職等奨励助成金制度」を取り入れたほか、今年度から保育士に年間一律6万円を支給する「あつぎ手当」も導入した。

 待機児童は1人となったものの、保育所等への利用申込みをしているが利用できない児童を指す「保留児童数」は178人。18年10月と比べ37人減少した。

 保留児童178人のうち、特定の園を希望する人が166人で、そのほとんどを占めた。そのほかの理由としては、自宅で求職活動中や、兄弟で同じ園への入園を希望するケースなどもあった。

 来年度へ向けては、社会福祉法人藤雪会が運営するおひさまっこ保育園(斎藤美好施設長)が、現在の厚木市寿町から東町へ移転整備され、定員を30人増やし、60人となることが決まっている。厚木市保育課では、「今年度新たに取り組んだ事業の結果を取りまとめて、その成果を4月以降に活かしていきたい」と話している。

 問合せは市保育課【電話】046・225・2768へ。

愛川町

 愛川町では、待機児童が30人から17人に減少した理由として、19年3月に中津に小規模保育施設・保育所あいかわ第二(定員19人)を開所し、0、1、2歳児の待機が減少したことが挙げられる。また、今後の対策として、町子育て支援課では「私立の幼稚園がこども園になる予定もあり、さらなる減少をめざす」と話している。

 問合せは町子育て支援課【電話】046・285・6932へ。

清川村

 清川村では、16年度から待機児童数はゼロを継続している。

 待機児童対策として17年4月に、煤ヶ谷に小規模保育施設おひさま保育園(旧・にじいろ保育園)を新設し、定員を6人増加している。同村では保留児童数もゼロとなっている。

 問合せは村保健福祉課【電話】046・288・3861へ。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

NZサッカー協会と調印

厚木市

NZサッカー協会と調印 スポーツ

東京2020 代表チーム7月事前合宿

2月14日号

本厚木駅南口に新駐輪場

本厚木駅南口に新駐輪場 社会

労基署跡に4月オープン

2月14日号

郷土資料館跡に移転へ

厚木北児童館

郷土資料館跡に移転へ 社会

安全性、利便性を考慮

2月7日号

厚木市と愛川町から受賞

県優良工場表彰

厚木市と愛川町から受賞 経済

大久保歯車(株)と(株)ロボット工業

1月31日号

多世代の憩いの場に

あさひ公園(厚木市旭町)

多世代の憩いの場に 社会

2月24日にオープン

1月31日号

開館1年で来場4万人超

あつぎ郷土博物館

開館1年で来場4万人超 文化

駐車場も昨夏に40台増設

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク