厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

アミューあつぎで亡き妻を追悼する初の陶画・陶芸個展を開催している 谷 秀次郎さん 厚木市森の里在住 75歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

「妻に感謝 周りに感謝」

 ○…2月18日(火)までアミューあつぎのアートギャラリーで、陶画(陶磁器の上絵付)等の作品展を開催中。3年前に病で亡くなった夫人の追悼展として、個人としては初の展示となる。夫人の勧めで陶画を始め、作品作りほか何から何までサポートしてくれた。「同志みたいにやってきたから。寂しいですよ」とポツリ。いなくなったことが受け入れられず、ふっきれない日々。何かやらなければと思い、2年の準備を重ねてきた。

 ○…名古屋で生まれ、祖父の代から陶画を家業としていたが、父の代で廃業。自身は、トヨタやセントラル自動車で設計の仕事に従事したが、勇退後は個人デザイン事務所を設立した。その頃夫人から、「せっかく陶画の技術も道具もあるのだから、趣味として広げたら?」と言われ同意。サークルを立ち上げた。「上絵付は欧州では貴族の趣味として定着。日本では職人的イメージがあるが、実は気軽に始められ、手書きのたった一つの作品なので達成感はこの上ない」と強調する。

 ○…森の里に暮らして約25年。同じマンションに息子夫婦と孫が住み、毎日のように孫と一緒に食事ができることで、だいぶ気がまぎれるという。学生時代からこれまでスポーツや趣味など何一つ長続きしなかったが、陶画だけは続いている。「それも妻のおかげ」と作品に没頭する。

 ○…展示中の作品は、夫人から受けたインスピレーションやイメージを具現化したという。「多くの方に妻を思い浮かべていただき、しのぶ会のような形にできたら」。今は息子さんやサークルの仲間が夫人の代わりに手伝ってくれるという。「元気でないと作品への意欲も湧かない。健康に留意して、今後はライフワークとして孫の成長過程を残していきたい」

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

書道家で4月13日までアート展を開催している

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

厚木市飯山在住 45歳

4月3日号

井上 允(まこと)さん

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表

井上 允(まこと)さん

厚木市上荻野在住 72歳

3月27日号

葛巻 公司さん

吾妻団地を中心に地域活性に取り組む「ふれ愛・サロン吾妻」の理事長

葛巻 公司さん

厚木市吾妻町在住 61歳

3月20日号

落合 清春さん

フリークリエイターとして多彩な地域貢献活動を行う

落合 清春さん

厚木市宮の里在住 63歳

3月13日号

服部 惠美子さん

全国で地域で幅広く演奏・普及活動を続ける箏奏者

服部 惠美子さん

厚木市愛甲在住 

3月6日号

永里 源気さん

今シーズンから「はやぶさイレブン」でプレーし地域貢献活動にも注力する

永里 源気さん

厚木市鳶尾在住 34歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク