厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

管楽八重奏「楽しく演奏できた」 厚木中・吹奏楽部が関東で銀賞

教育

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
管楽八重奏のメンバー。(前列右から時計回りに)松舟莉子さん(フルート他)、小宮春希さん(コルネット他)、吉田有里さん(クラリネット)、青木紗麗さん(ファゴット)、水津春妃さん(ホルン)、飯田綺さん(クラリネット)、鶴牧嘉乃さん(オーボエ他)、長井実咲さん(コントラバス)
管楽八重奏のメンバー。(前列右から時計回りに)松舟莉子さん(フルート他)、小宮春希さん(コルネット他)、吉田有里さん(クラリネット)、青木紗麗さん(ファゴット)、水津春妃さん(ホルン)、飯田綺さん(クラリネット)、鶴牧嘉乃さん(オーボエ他)、長井実咲さん(コントラバス)

 厚木中学校吹奏楽部(金子泰幸顧問)の管楽八重奏チームが、1月に栃木県で行われた第25回東関東アンサンブルコンテストに神奈川県代表として出場し、銀賞に輝いた。2年の松舟莉子さんは「全国をめざしていたので完全に満足ではないけど、みんなで心を一つにして獲得した銀賞なので嬉しい」と話す。

 同コンテストは、夏の吹奏楽コンクールと共に、中学生の吹奏楽部にとって、全国大会に繋がるコンテストの一つ。同校の吹奏楽部は昨年夏のコンクールで11年ぶりに関東大会に出場し銅賞。今回も夏に続き、関東の舞台に立った。

 当日はプレトリウス作曲、高橋典秀編曲の『テレプシコーレ舞曲集』を演奏。全員が「感謝の想いを音楽に乗せて悔いの残らない演奏をする」という想いで奏でた。演奏を振り返り吉田有里さん(2年)は「失敗もあり、ばっちりではなかったけど、楽しくできた」と振り返る。小宮春希さん(2年)は「曲の部分的な練習はたくさんしたけど、一曲を通した練習がもっとできたら良かった」と反省点も話す。

 次は夏のコンクールが目標となる。水津春妃さん(2年)は「去年の夏は銅賞、今回は銀賞だったので、夏のコンクールは金賞を目標に練習したい」と意欲を燃やす。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

全国大会で活躍

【WEB限定記事】

全国大会で活躍 スポーツ

愛川町が表彰と奨励金

4月10日号

工作キット&ロボットを宅配

【WEB限定記事】

工作キット&ロボットを宅配 教育

ロボットゆうえんちで外出自粛応援企画

4月10日号

10周年で歌集「寄付に感謝」

ZOOM UP

10周年で歌集「寄付に感謝」 社会

傾聴ボランティアグループぴあ

4月10日号

第1子から支給に拡充

【WEB限定記事】

第1子から支給に拡充 社会

紙おむつやおしりふき

4月10日号

写真でお花見 2020

【WEB限定記事】

写真でお花見 2020 文化

桜ひらひら舞い降りて

4月10日号

手作りマスクに挑戦

【WEB限定記事】

手作りマスクに挑戦 社会

JAあつぎ小鮎地区女性部

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク