厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

72言語に対応 愛川町が翻訳機導入

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 外国籍の町民が多い愛川町が3月から、住民課窓口に対話型翻訳機=写真=を導入した。

 この対話型翻訳機は2台1セット。片方の機械に向かって話しかけると、もう1台から翻訳された言葉が音声として流れ、文字も表示される。

 外国籍住民が多い愛川町では、既にスペイン語とポルトガル語の通訳が常駐しているが、他の言語を話す住民も多いという。新たな翻訳機では世界の72言語が選択でき、対応の幅が広がる。

 町ではこの翻訳機を3セット導入。町民からの相談が多い住民課で管理し、必要があれば他の課で使用することもあるという。同課では「翻訳機があれば、相手が内容を理解しているかを確認しながら、正確に情報を伝えられるようになります」と話す。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

『実践 樹幹注入の心得』

栗原俊光さん著

『実践 樹幹注入の心得』 文化

5月7日号

医療従事者へ花束

厚木商議所女性会

医療従事者へ花束 社会

5月7日号

大きく育て卒業証書

タウンレポート

大きく育て卒業証書 教育

半原小で「楮」の苗植え

5月7日号

歯科医会と連携強化

清川村

歯科医会と連携強化 社会

健康診査事業を実施

5月7日号

新チームを紹介

はやぶさイレブン

新チームを紹介 スポーツ

キックオフパーティー

5月7日号

実践的訓練で備え

愛川町

実践的訓練で備え 社会

新型コロナのワクチン接種

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter