厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

厚木・愛川・清川 テイクアウト大作戦 「お店の味を自宅でどうぞ」

経済

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 コロナに負けない――。コロナウイルスの感染拡大を受け、苦境に立たされている飲食店。外出自粛要請、そして緊急事態宣言、さらに営業自粛要請など、つぎつぎと続く困難にあえぐ地元飲食店を少しでも応援しようと、厚木市内では行政、商店会関係者や有志が対応策を模索。厚木市商店会連合会(齊藤裕会長)が窓口となり飲食店支援のテイクアウト大作戦が始動した。

参加店募集中

 学校が休校になった3月初旬。このときはまだ何とかなっていた。自宅で過ごす子どもたちの昼食を支援しようと、多くの飲食店が子ども向けのお弁当などを提供。しかし、3月下旬の週末の外出自粛要請があったころから、市内でも多くの飲食店が苦境に立たされだした。「感染拡大を防ぐためにも飲食店は休まなければならない。でも休んだらどうなる?」「ランチタイムはまだ来店者があるけれど、昨日の夜は2組だったよ」「補償がしっかりあるなら休める。1組でも来てくれるなら開けるしかない」。苦しい判断を迫られた経営者の声が各所から聞かれた。

 「なんとか支援する方法はないか?」。厚木市商店会連合会の事務局に有志が集ったのは4月8日。各地で展開されている支援策などを参考にしながら、「見切り発車でもいい、今すぐスタートできることを、すぐにやろう」とその場で決定。そこで立ち上がったのが今回の「あつぎテイクアウト大作戦」だ。2日後の4月10日には応募開始。初回エントリーには29店舗が間に合った=左表参照。

 テイクアウト情報は、厚木市ホームぺージ、商連運営のインスタグラムやLINEなどのSNS、タウンニュース社が運営する情報サイト「レアリア」で配信される。各店舗のテイクアウトメニューや営業時間などの詳細情報は各店へ問い合わせる仕組み。別途、個店情報はタウンニュース厚木・愛川・清川版のフェイスブックを開放し、発信する予定になっている。

 参加を希望する店舗は引き続き募集中。情報は厚木市商店会連合会が受け付けている。「地域のチカラを結集し、飲食店などの支援はもちろん、地元の美味しいものを食べて元気を出しましょう」と事務局担当者は話している。参加希望店は厚木市商店会連合会【電話】046・244・3940へ連絡を。

愛川・清川でも作戦始動

 愛甲商工会(中村美好会長)が窓口となり、愛川町・清川村でも「愛甲テイクアウト大作戦」が始まる。8店舗がエントリー。今後の参加希望は愛甲商工会【電話】046・286・3672へ。

 このテイクアウト大作戦は、小田原の飲食店有志らが中心となり始まった取り組み。神奈川県の「特設サイト SDGsアクションで新型コロナウイルス感染症を乗り越えよう」でも紹介されるなど、注目を集めている。
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木の夜空にも大輪

全国一斉花火

厚木の夜空にも大輪 社会

ファイアート神奈川が参加

6月5日号

地域の絆でコロナ対策

玉川地区15自治会

地域の絆でコロナ対策 社会

高齢者に手作りマスク配布

6月5日号

公共施設・教育機関 再開へ

緊急事態宣言解除

公共施設・教育機関 再開へ 社会

新しい日常に向けて

5月29日号

コロナ禍 支援に恩返し

東京農大4年榊谷隼也さん

コロナ禍 支援に恩返し 教育

フードバンクでボランティア

5月29日号

オンライン授業を導入

大学専門学校

オンライン授業を導入 教育

コロナ禍で学びのあり方模索

5月22日号

ロボコンコース常設へ

コロナに負けない

ロボコンコース常設へ 社会

MANOI企画 支援を募る

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク