厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

厚木市 コロナ対策に11億円追加 市民生活、経済を支援

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、新たに11億円の経済、感染症対策を実施する。5月8日に行われた厚木市議会で全会一致で可決された。

 新型コロナウイルス感染症拡大への対策として、市はすでに3億円の予算措置をしているが、市の貯金である財政調整基金から新たに11億円を取り崩し、総額14億円の対策を進める。

 新たに実施する事業は「あつぎ中小企業応援交付金」(6億円)。市内の中小企業や小規模事業者の事業継続支援を目的に、最大80万円を支援する。緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことを受け、当初の予算案から交付額を30万円上乗せすることが決まった。内訳は、休業・短縮営業支援として一律20万円、3カ月分の家賃助成として最大60万円。事業者ごとではなく、事業所や店舗ごとに支援する。

 さらに、新たにデリバリーやテイクアウトなどの取組みを始めた飲食店などへの費用助成、介護施設、障がい者支援施設、保育園、幼稚園、民間児童クラブなどで、感染拡大予防をした経費の助成なども行う。これらの事業は、厚木商工会議所が取扱い窓口となる。詳しくは専用ダイヤル【フリーダイヤル】0120・970・306へ。

 また、「感染拡大防止対策に必要な経費」(4億3千万円)は、医療従事者に必要なマスクや防護服などの物品、簡易陰圧装置などの医療機器を補充し、医療現場をサポートする。

 「防災備蓄品整備事業」(7千万円)は、感染拡大防止に必要な物品を購入し、対策を図るための費用に充てる。次亜塩素酸水の生成器、噴霧器を追加し、学校や保育所などに設置するほか、マスクや非接触型体温計などを追加購入する。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

オンライン授業を導入

大学専門学校

オンライン授業を導入 教育

コロナ禍で学びのあり方模索

5月22日号

ロボコンコース常設へ

コロナに負けない

ロボコンコース常設へ 社会

MANOI企画 支援を募る

5月22日号

PCR検査センター開設

PCR検査センター開設 社会

早期把握で拡大阻止へ

5月15日号

コロナ対策に11億円追加

厚木市

コロナ対策に11億円追加 社会

市民生活、経済を支援

5月15日号

連休はステイホームで

連休はステイホームで 社会

厚木・愛川・清川まとめ

5月1日号

#ステイホームを応援

日産自動車(株)テクニカルセンター

#ステイホームを応援 教育

「ぬりえ」をHPで配信

4月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク