厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

PCR検査センター開設 早期把握で拡大阻止へ

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
センター開設前に行われたシミュレーションのようす=厚木市提供
センター開設前に行われたシミュレーションのようす=厚木市提供

 厚木市と一般社団法人厚木医師会が連携して、神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久)内に厚木医師会地域外来・検査センター「厚木PCR検査センター」を5月1日に開設した。早期に患者を把握することで感染拡大阻止につなげる。=5月12日起稿

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るうなか、厚木保健福祉事務所管内の帰国者・接触者外来を設置する医療機関の負担を軽減し、地域の検査体制を強化するために今回の設置となった。県内では、すでに横須賀市や藤沢市、大和市などが開設している。

 厚木市のPCR検査センターでは、新型コロナウイルス感染症の疑いのある人をドライブスルー方式で検査する。検査を受ける人が自家用車で来場し、乗車したまま検査を受け退場できるので、室内で行う検査に比べ、ある程度効率よく検査が行えるメリットがある。

 センターでPCR検査を受けられるのは、厚木医師会が管轄する厚木市、愛川町、清川村の在住者で、同会に加盟する医療機関で受診し、医師から検査が必要と診断された人。本人または家族等の運転で来場できる人に限る。直接センターに行っても検査できない。

 開設は火、木、日曜の午後1時30分から3時まで。検査は1日20人程度。新型コロナウイルス感染症が終息するまで、当面の間は開設される。

3日間で13件

 PCRセンターの検査初日となった5月4日の検査件数は2件、7日は7件、10日は4件だった。実際にセンターでの検査は、厚木医師会の担当理事の講習を受けた、医師と看護師が行っている。同会の馬嶋順子会長は「検査者、検査を受ける方が、検査場で感染することはあってはならないので、感染防御を徹底して行っています。防護具を着用しての作業は、想像以上に負担が大きいですが、検査に臨む会員の先生方は医師としての使命感、責任を持って臨んでいます」と話す。さらに、「5月10日時点での厚木市での感染者発生は18人、愛川町は7人で、最近は、ほぼ濃厚接触者の発生のみです。まだ流行拡大地域とは考えられず、PCR検査場の開設で、感染者発生を早期に気付き感染拡大阻止に結びつけたいと考えます。新型コロナウイルス感染症が疑われた時には、すぐにかかりつけ医にご相談ください」と呼びかける。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

オンライン授業を導入

大学専門学校

オンライン授業を導入 教育

コロナ禍で学びのあり方模索

5月22日号

ロボコンコース常設へ

コロナに負けない

ロボコンコース常設へ 社会

MANOI企画 支援を募る

5月22日号

PCR検査センター開設

PCR検査センター開設 社会

早期把握で拡大阻止へ

5月15日号

コロナ対策に11億円追加

厚木市

コロナ対策に11億円追加 社会

市民生活、経済を支援

5月15日号

連休はステイホームで

連休はステイホームで 社会

厚木・愛川・清川まとめ

5月1日号

#ステイホームを応援

日産自動車(株)テクニカルセンター

#ステイホームを応援 教育

「ぬりえ」をHPで配信

4月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク