厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

愛川町 「いのちを守る基金」新設 町民の寄付がきっかけ

文化

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena
募金箱を持つ町職員。町役場本庁舎では1階ロビーに設置されている
募金箱を持つ町職員。町役場本庁舎では1階ロビーに設置されている

 愛川町が5月11日、「いのちを守る基金」を創設した。今後の感染症に係わる地域経済対策や予防対策などに活用するための新たな基金で、町では募金箱を設置し幅広く寄付を呼びかけている。

 世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症。愛川町内でも感染者の発生や町施設の休館、店舗の休業、河川敷の車両進入禁止など様々な影響を及ぼした。

 町では現在、新型コロナ対策の緊急支援事業として総額2億4500万円の補正予算を組み、中小企業や個人事業者、一人親家庭など幅広い支援事業を発表している。

 このコロナ禍のなか、4月上旬に一人の町民から町に「私は新型コロナの影響で収入が減っていないので、予防対策として使ってほしい」と寄付金の申し出があった。そこで町では、「善意の受け皿を作ろう」と基金の創設を決めた。

 新たな「いのちを守る基金」は、町の財政調整基金から拠出した3000万円と、民間からの寄付金で創設。担当の町財政課によると、感染症対策での基金は県内でも数少ないという。6月8日現在の基金総額は3100万円で、今も町民からの寄付が続いている。

 愛川町の基金は新型コロナに限らず、インフルエンザやノロウイルスなど幅広い感染症を視野に、地域経済対策や予防対策を緊急的かつ迅速に行うために活用される。同課では「新型コロナの収束もまだ不確定要素があり、感染症については今後も何が起こるかわかりません。地域経済の回復などのために備えていきたい」と話す。具体的に同基金を使用する基準などは今後検討されるが、同課では「町内の事業者や企業の経済状況、町の歳入状況など様々な状況を踏まえて、必要に応じて対応していくことになります」と語る。

 5月22日からは、町役場本庁舎やラビンプラザ(半原公民館)、レディースプラザ(中津公民館)に同基金への募金箱が設置された。同課では「新型コロナでは、国難ともいえる状況ですが、町として町民の皆様と一丸となってこの難局を乗り越えようという思いで基金を立ち上げました。皆様の善意のご協力をお願いいたします」と話す。

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

今年はメインツリーのみ

宮ヶ瀬クリスマス

今年はメインツリーのみ 社会

初のイベント中止

10月16日号

本格的な整備に向け前進

相模川三川合流点

本格的な整備に向け前進 社会

サウンディングを実施

10月16日号

処理手数料を値上げへ

厚木市粗大ごみ

処理手数料を値上げへ 社会

経費との適正化図る

10月9日号

防犯強化でタッグ

春日台区×ブルーライン

防犯強化でタッグ 社会

地域住民が青パト巡回

10月9日号

包括連携協定を締結

愛川町×工科大

包括連携協定を締結 社会

相互ネットワーク活かす

10月2日号

厚木PAスマートIC開通

圏央道

厚木PAスマートIC開通 経済

小林市長「地元に感謝」

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク