厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

厚木市社協 寄付マスク4千枚を届ける 市内の高齢者施設等に

社会

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena
マスクを手渡す神保会長(右)と厚木精華園のスタッフら
マスクを手渡す神保会長(右)と厚木精華園のスタッフら

 社会福祉法人厚木市社会福祉協議会(神保忠男会長)は7月1日、2日、市民から寄付を受けた未使用マスクを市内の高齢者、障害者施設に届けた。

 厚木市社協では、6月から厚木市保健福祉センターのエントランスに「マスク寄付ボックス」を設置。未使用や手作りマスクを募っている。今回はボックスに寄せられたマスクを中心に4357枚を、厚木市社会福祉施設連絡会の会員施設のうち、高齢者、障害者施設に均等に届けた。

 全24施設を回った神保会長は「どの施設もクラスターになってはいけないと、体温測定や消毒、ビニールシートなどを徹底している。マスクも絶対に確保しなくてはならないとのことで、手渡すと『大事に使わせてもらいます』と喜んでもらえた」と話す。

マスク寄付引き続き受付け

 マスク寄付ボックスは当面の間、健康福祉センターのエントランスに設置している。寄付できるのは、新品で未使用のマスクのみ。新品であれば、手作りの布マスクも可。色や形、柄などは問わない。大量の寄付でボックスに入らない時などは、同センター5階の厚木市社協の事務局でも受け付けている。市社協では、「引き続きマスク寄付ボックスは設置します。ぜひご活用いただければ」と話す。

 マスクの寄付に関する詳細、問合せは厚木市社協【電話】046・225・2947へ。

ボックスに寄付された色とりどりのマスク
ボックスに寄付された色とりどりのマスク

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

『実践 樹幹注入の心得』

栗原俊光さん著

『実践 樹幹注入の心得』 文化

5月7日号

医療従事者へ花束

厚木商議所女性会

医療従事者へ花束 社会

5月7日号

大きく育て卒業証書

タウンレポート

大きく育て卒業証書 教育

半原小で「楮」の苗植え

5月7日号

歯科医会と連携強化

清川村

歯科医会と連携強化 社会

健康診査事業を実施

5月7日号

新チームを紹介

はやぶさイレブン

新チームを紹介 スポーツ

キックオフパーティー

5月7日号

実践的訓練で備え

愛川町

実践的訓練で備え 社会

新型コロナのワクチン接種

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter