厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

愛川町 コロナ対策で支援第2弾 全世帯に商品券など

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
独自の支援策で地域活性化に取り組む
独自の支援策で地域活性化に取り組む

 愛川町では、新型コロナウイルス感染症対策として新たに2億6558万9千円の補正予算案を策定。7月21日に小野澤豊町長が記者発表した。新事業として町内全世帯への商品券配布や予防接種の拡充などを行う。

 依然猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。町では、5月に緊急支援事業として2億4500万円の補正予算を組んだが、町内への影響が続いていることから第2弾の支援事業を策定した。

 今回の支援事業では、新型コロナの影響で中止となった町のイベント予算など4606万円のほか、国の「地方創生臨時交付金」や「学校保健特別対策事業費補助金」を活用。事業者支援と町民生活支援を行う。

消費喚起へ「盛リアゲ券」

 外出自粛や休業・時短営業要請などで売り上げの減少が続く事業者への支援では、町内で使える商品券「あいかわ景気盛リアゲ券」を全世帯に配布する(1億3600万円)。額面は1人あたり3000円で、500円券6枚つづりの商品券を10月頃に世帯主に郵送。町内の消費喚起につなげる狙いだ。

 また、前回の支援事業で行われた中小企業や個人事業者への支援金について、申請件数が当初見込みの740件を越えたことから、新たに4000万円を計上。継続事業として実施する。

 この他にも、町食品衛生協会を通した衛生用品購入費の交付や障害者通所施設への助成などにも取り組む。

予防接種助成全町民に

 町民生活と命を守る事業では、インフルエンザの予防接種について新たに中学生から64歳までの町民にも助成を行う(2816万円)。

 インフルエンザは主に冬に流行するが、新型コロナと症状が似ているために医療現場の混乱が予想され、これに備えるとともに、町民の命を守るため予防接種費用の一部助成を拡充。既に助成が行われている小学生までの子どもと65歳以上の町民とあわせて、全町民が助成対象になる。

 教育現場や子どもたちへの支援としては、小中学校に大型扇風機や衛生用品などを整備し、水道蛇口を接触の少ないレバー式に交換するなど学校再開感染症対策事業(2300万円)を行う。さらに、長期の臨時休校で制約を受けた小中学生を支援するため、1人あたり3000円分のクオカードを配布する(878万円)。この他にも、妊婦への特別給付金、児童施設の感染拡大防止なども行う。

 町財政課では「第1弾とあわせて約5億円の予算を活用し、町民と事業者の皆様の生活と営みを支援してまいります」と話す。

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

剪定枝を堆肥化して販売

厚木市環境みどり公社

剪定枝を堆肥化して販売 社会

環境に配慮し資源化推進

10月23日号

男子公式戦デビュー

厚木市出身永里優季選手

男子公式戦デビュー スポーツ

早速兄のゴールの起点に

10月23日号

今年はメインツリーのみ

宮ヶ瀬クリスマス

今年はメインツリーのみ 社会

初のイベント中止

10月16日号

本格的な整備に向け前進

相模川三川合流点

本格的な整備に向け前進 社会

サウンディングを実施

10月16日号

処理手数料を値上げへ

厚木市粗大ごみ

処理手数料を値上げへ 社会

経費との適正化図る

10月9日号

防犯強化でタッグ

春日台区×ブルーライン

防犯強化でタッグ 社会

地域住民が青パト巡回

10月9日号

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク