厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

メッセージボールでエール 市少年サッカーからNZ協会へ

スポーツ

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
11チーム160人のメッセージが書かれたサッカーボール
11チーム160人のメッセージが書かれたサッカーボール

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会でニュージーランド(以下NZ)のホストタウンとして登録されている厚木市。新型コロナによる大会延期によりキャンプ等も延期となる中、市内少年サッカーチームの児童らがNZサッカー協会に向けて、メッセージボールを作成し、NZサッカー代表チームの活躍を願ってエールを送った。

 NZ代表チームは、男女ともに東京2020大会への出場権を獲得。同国のホストタウンの一つとなる厚木市と今年2月に事前キャンプ地としての基本合意書を締結しており、同日には市内でサッカークリニックを実施するなど、東京2020大会に向けての交流が期待されていた。

 しかしながら大会延期に伴い来日も延期。メッセージボールは、市・あつぎオリパラプロジェクト実行委員会・市サッカー協会が協力し、NZ代表チームにエールを送りたいとの思いで企画されたもの。

 7月23日に荻野運動公園で行われた大会に集まった11チーム約160人が企画に参加。厚木市の市章とNZ代表チームのマークの入ったサッカーボールに思い思いのメッセージを書いた。参加した荻野SCの大坪海士さん(6年)、林SCの和田大毅さん(同)は「厚木に来てくれてありがとう。オリンピックも応援しています。頑張ってください」と話した。

 メッセージボールは8月上旬に厚木市を通じてNZサッカー協会に届けられる予定。

 また今回の大会延期を受け、NZサッカー協会のアンドリュー・プラグネル会長から「この困難を乗り越え、大会で各国代表と対戦したい。2月の訪問では、皆様の素晴らしいおもてなしに感謝している。また訪問できる日を楽しみにしている」と厚木市民へのメッセージが寄せられた。

NZ代表への思いを書いた
NZ代表への思いを書いた

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

子どもの守り神に

恩名興福寺

子どもの守り神に 文化

山門前に地蔵尊を建立

10月1日号

産後のサポート事業拡充

厚木市

産後のサポート事業拡充 社会

母子のデイケアサービス開始

10月1日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook