厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

ステッカーで厚木をPR 県トラック協議会・厚木

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
左から伊澤副会長、浅生会長、澁谷副会長
左から伊澤副会長、浅生会長、澁谷副会長

 神奈川県トラック協議会・厚木(浅生建一会長)はこのほど、厚木市と協力し、今年9月に発表された「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング1位(首都圏版/LIFULL HOME'S調べ)」のステッカー300枚を作成。協議会加盟企業のトラックの荷台後部に貼り付け、厚木市をPRしていく。

 同協議会は(一社)神奈川県トラック協会の支部制廃止に伴い、2018年に地域貢献を主な目的として設立された団体。厚木市内を中心としたトラック運輸事業者73社が加盟している。

 同協議会ではこれまでも市民間保育会に横断旗を寄贈するなど、地域に根ざした活動を展開。今回のランキング発表を受けて、早々にステッカーの作成を企画した。「コロナ禍で明るい話題が無い今、良い情報をアピールすることで地域活性化に結び付けば」と澁谷達也副会長。「トラックは遠隔地まで行くので多くの人に厚木を知ってもらえればうれしい」と伊澤文孝副会長は話す。

 ステッカーのデザインは市に依頼。このほど加盟企業にも配布を完了。10月30日には市内酒井の横浜低温流通(株)(伊澤進代表取締役社長)に協議会役員が集まり、同社のトラックにステッカーを貼り付けた=写真下。

 浅生会長は「ステッカーを貼るだけでなく、ドライバーも安全運転を徹底し、少しでも厚木市をPRしていきます」と笑顔で話した。
 

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

独自経済支援策を発表

厚木市

独自経済支援策を発表 経済

あつぎ中小企業応援交付金II

1月22日号

救急出動1770件の減少

厚木市消防本部

救急出動1770件の減少 社会

新型コロナの影響と推測

1月22日号

イベント中止、施設休館に

イベント中止、施設休館に 社会

3市町村で緊急事態宣言受け

1月15日号

「行動」で暮らしを守る

清川村

「行動」で暮らしを守る 社会

新春村長インタビュー

1月15日号

成人式の対応分かれる

厚木・愛川・清川

成人式の対応分かれる 社会

3自治体2,741人に影響

1月8日号

「不撓」の精神を胸に

愛川町

「不撓」の精神を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク