厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

タウンレポート 障がい者のこと「知る機会に」 12月3日から「障害者週間」

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
市役所本庁舎前で行われる展示・即売会(以前のようす)
市役所本庁舎前で行われる展示・即売会(以前のようす)

 12月3日から9日は、国が定める「障害者週間」。厚木市では、毎年この障害者週間に合わせて、市役所本庁舎正面玄関前で障がい者の手作り製品の展示・即売会を開催。今年も12月7日(月)から開催される。

 障害者週間は、障がい者福祉について関心と理解を深めるとともに、障がい者が社会、経済、文化など、あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的としている。

 厚木市では2011年度から本庁舎前で手作り製品の展示・即売会を実施。今年で10回目となる。事業所で働く障がい者の製品を扱うことで、販路の拡大を図り、障がい者への理解を深める機会にしたいと続けている。

 実際に展示・即売会を行うのは、厚木市障害者福祉事業所連絡会に加盟する事業所。同団体は、市内に構える就労継続支援B型事業所、地域活動支援センターなどが加盟する団体で、13の事業所から組織されている。会長の伊吾田弘さんは「それぞれの事業所は地域の中にあるが、実際に中で何をやっているのか見えづらい部分がある。今回のような展示・即売会を通して、多くの方に事業所、障がい者のことを知ってもらう機会になれば。また、製品が売れることは、障がい者の作業意欲や喜びにも繋がるので、良い機会にしたい」と話す。

地域の協力で即売会

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、予定していた販売会のほとんどが中止となった。そのような中で、厚木市戸室のショッピングモール・アツギトレリスの協力を得て、9月から展示・即売会を毎月開催している。伊吾田会長は、「トレリスの方に事情を説明し、状況を理解して頂いた。非常にありがたい」と感謝する。「即売会では、買い物に来た方に『大変だけど頑張ってね』と声を掛けて頂いたり、製品を購入して下さる方もいて非常に嬉しい。このような機会をきっかけに、障がい者はきちんと製品が作れるし、地域の中に、身近にいるんだということが、少しづつ広まっていけばいい」と話す。

【展示・即売会の開催予定】

■市役所本庁舎正面玄関前(厚木市中町3の17の17)/12月7日(月)〜9日(水)の3日間/各日午前10時から午後2時

■アツギトレリス(ロピア前/厚木市戸室5の31の1)/12月19日(土)/午前9時から午後4時

※同会に加盟する各事業者が製作した陶器、機織り、ビーズ製品、布製品、マスク、クリスマス雑貨、シフォンケーキなどの販売を予定。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

束の間の「白銀」

束の間の「白銀」 社会

関東各地で積雪

1月14日号

昇格戦初戦に勝利

はやぶさイレブン

昇格戦初戦に勝利 スポーツ

次戦は23日に保土ヶ谷で

1月14日号

漂着した「軽石」展示

郷土博物館

漂着した「軽石」展示 文化

友好都市・糸満市が提供

1月14日号

のむらうこさん原画展

のむらうこさん原画展 文化

絵本の素材や道具なども

1月14日号

あなたのそばに「社協」

厚木市社会福祉協議会

あなたのそばに「社協」 社会

会長 山口泉

1月14日号

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して

厚木市自治会連絡協議会

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して 社会

会長 宮田幸紀

1月14日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook