厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

あつぎ郷土博物館 疫病との闘いを伺う 23日まで特別展示

社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
展示されている資料
展示されている資料

 厚木市下川入のあつぎ郷土博物館で、12月23日(水)までコロナ禍における広報あつぎ連動特別展示『疫病を乗り越えて〜今だから知りたい150年前の疫病対策〜』が開催されている。同博物館での疫病・感染症に関する展示は初めてで、時代とともに医学的な対策が採られるようになっていった様子が伺える。

 展示資料は、【1】鳶尾山金毘羅子世羅天由来記(1817年、厚木市下荻野・養徳寺蔵)、【2】金毘羅子世羅天御札(同寺蔵)【3】金毘羅子世羅天御札(同現代)【4】小林昇日記(小林克也氏寄贈、1899年)【5】神奈川県防疫対策支部南毛利村分会設置の文書(温水・服部澄男氏寄贈、1946年)【6】下川入衛生組合文書(下川入第一自治会寄贈、1898年)。

 【1】は養徳寺の心外悦和上が、村中に蔓延し人々を苦しめていた疫病の流行を止めるため、鳶尾山で祈祷をしていると、金毘羅神が夢に出現。出現の証として大宝積経(全49巻)から一巻を和上に授け、和上が鳶尾山に金毘羅の小祠を祀ったことが書かれた書物。【4】は厚木市で養蚕教師を務めた小林昇の日記で、当時広島で発生したペストについて、【5】には発疹チフスやコレラの記述がある。【6】は組合文書のうち「衛生組合規約」「衛生組合認可願他」を展示。「種痘(天然痘の予防接種)に関すること」「伝染病人発生の慮ある時」等の業務が記されている。

 博物館の担当者は、「昔は庶民にとって疫病はまだ未知の部分が多く神にすがるのみだったが、時代とともに情報が増し同時により医学的な対策が採られるようになっていったことが伺える」と話している。

 開館は午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)。(問)同館【電話】046・225・2515

巻き爪矯正

オープン記念!巻き爪無料相談会実施中。12月末まで。「お気軽にご相談を」

https://pma-sakura.jimdofree.com/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

本格化に向け準備進む

ワクチン3回目接種

本格化に向け準備進む 経済

給付金「想定しながら迅速に」

11月26日号

落書きゼロめざして

県道42号長坂立体付近

落書きゼロめざして 社会

地域が協力して壁画制作

11月26日号

コロナ対策で独自事業

愛甲郡

コロナ対策で独自事業 社会

支援金給付や応援券配布

11月19日号

来園者1千万人を達成

荻野運動公園

来園者1千万人を達成 社会

開園から32年で大台に

11月19日号

再開発準備組合を設立

本厚木駅北口地区

再開発準備組合を設立 社会

検討区域面積は約1.5ha

11月12日号

十二支巡り12月開始へ

厚木巡礼史跡文化の会

十二支巡り12月開始へ 文化

寺院を回り御朱印収集

11月12日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook