厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

花とお米で応援 JAあつぎ

社会

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena

 JAあつぎ(厚木市水引)と同生産組合長会は12月15日、コロナ禍で尽力する医療従事者への感謝と応援の気持ちを込めて、厚木市立病院へバラ・カーネーションの切り花700セット、厚木産米はるみ(1・8kg)700袋を寄贈した。

 寄贈式には、病院側から小林常良市長、長谷川節病院長、鷲塚明子副院長、JAからは大貫盛雄代表理事組合長、野口政夫生産組合長会会長、高橋康弘常務理事が出席。大貫組合長は「世界中に感染が広がるなか、市民の感染防止と医療の維持に尽力いただいている医療従事者の皆様に感謝。花を見て、厚木産のお米を食べて元気を出してください」と挨拶し、これからの協力を誓った。小林市長は「大変うれしく光栄です。現状で一番苦労しているのが、病院の役目と使命のために努力してくれている医療関係者。ありがとうございます」と話した。

 寄贈された切り花とお米は、JAあつぎ職員からの感謝のメッセージも同封。すぐに各病棟に運ばれ、医療関係者に届けられた。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

三田フレンズが優勝

三田フレンズが優勝 スポーツ

学童野球「厚木杯」

8月19日号

写真まつり作品募集

Tobioギャラリー

写真まつり作品募集 文化

テーマは地域の魅力

8月19日号

SDGsを遊んで学ぶ

SDGsを遊んで学ぶ 教育

睦合西公民館で講座

8月19日号

夢未市で職業体験

JAあつぎ

夢未市で職業体験 教育

53人の小学生が参加

8月19日号

安心・安全な町を協同で

厚木市 セーフコミュニティ

安心・安全な町を協同で 社会

16地区を推進地区に

8月19日号

謎を解いて景品ゲット

謎を解いて景品ゲット 文化

「みやがせクエスト」

8月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook