厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第53代理事長に就任した 熊坂 崇徳さん 愛川町中津在住 38歳

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

熱き「志」を抱いて

 ○…厚木・愛川・清川3市町村の20歳から40歳までの青年経済人で組織する公益社団法人厚木青年会議所(以下厚木JC)の第53代理事長に就任した。1969年に設立し、OBは400人以上。様々なまちづくりや地域活性化事業に取り組み、多くの要人を輩出してきた。入会から10年の節目での舵取り役に「身の引き締まる思い」と、背筋を伸ばす。

 ○…今年度の活動テーマを「志〜こころざし〜」に決めた。「幕末の日本を変えたのは、20代や30代の若者たち。次の時代を作るその志を胸に、まちづくりに取り組んでいきたい」と熱を込める。まだ収束まで遠いコロナ禍だが、昨年も厚木JCではZOOM例会を駆使して飲食店支援の「テイクアウト&デリバリー店舗マップ」や小学生と「花火動画」を作るなど存在感を発揮。自身も副理事長として奔走した。「伝統は大切にしながら、慣例にとらわれずイベントの時期を変えるなど、感染症対策を取りながらできる限りの活動をしていきたい」。

 ○…愛川町中津生まれ、帝京大卒業後は厚木市役所や民間企業で勤務。知人の選挙を手伝った縁で政治の世界を知り、郷土の政治に「若者の声を」と2011年に町議員選挙に挑戦。29歳で初当選した。より広い知見を得るため厚木JCの門を叩き、熱意ある先輩たちの背中を追った。「気付いたら10年という感じ」と振り返る。

 ○…JC活動や町議会のほかに、消防団や災害ボランティアネットワークメンバー、手まり学園後援会長など肩書は多彩。「休みは2カ月に1日あるかどうか」という毎日だが、「全てが自分一人の力ではなく、支えてくれる仲間がいてくれるから」。強い心と柔軟な発想で、62人の仲間と新時代に挑む。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

又村 里実さん

国立新美術館で開催されているシャドーボックス展に出品中の

又村 里実さん

厚木市妻田西在住 

1月22日号

田中 里奈さん

日展で2度特選を受賞するなど木版画家として活躍中の

田中 里奈さん

厚木市森の里在住 39歳

1月15日号

熊坂 崇徳さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第53代理事長に就任した

熊坂 崇徳さん

愛川町中津在住 38歳

1月8日号

高木 勇人(はやと)さん

巨人・西武で活躍し新たに厚木を拠点に現役挑戦を続ける

高木 勇人(はやと)さん

厚木市在住 31歳

12月25日号

塩川 茂樹さん

先進eスポーツ研究センターのセンター長を務める

塩川 茂樹さん

神奈川工科大学情報ネットワーク・コミュニケーション学科教授 50歳

12月18日号

中島 滋さん

神奈川県自然保護功労者表彰を受けた

中島 滋さん

厚木市森の里在住 77歳

12月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク