厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

厚木市消防本部 救急出動1770件の減少 新型コロナの影響と推測

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市、愛川町の消防本部はこのほど、2020年の火災・救急件数の速報値を発表した。厚木市、清川村の救急件数は1770件減少、火災件数は8件減少した。また、愛川町は、救急件数が185件減少、火災は2件増加した。

救急出動件数

 厚木市消防本部の20年の救急出動件数は、1万600件で、前年比1770件の減となった。14・3%の減少となったことについて、市救急救命課では「ここまで減少するのは、なかなかないことだと思う」と話す。救急出動件数の減少については、新型コロナウイルスの影響が大きいと言い、「外出自粛で社会活動が制限されたことによるけがや事故の減少、さらに、手洗いやうがい、マスクの着用など感染予防対策を行うことで、病気になるリスクが軽減されたのでは。また、感染リスクを避けるために、救急車を呼ぶのを控えたいという心理が働いたのでは」と推測する。搬送人員は9389人で昨年比1738人減。種別では急病が6702件で最も多かった。

火災件数

 火災件数は48件。前年比で8件の減少となり、50件を下回るのは1967年以来となった。種別で最も多かったのは、建物火災で32件。市警防課では減少の理由について、「新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言の影響による」と分析する。

 特に発生原因を見ると、19年は0件だったストーブが7件で最も多く、こんろも前年比+3件に。一方、19年に最も多かった放火は4件で、前年比8件減と火災発生原因に大きな変化があった。「在宅時間が増えたことが影響しているのでは」と推測する。

愛川町

 愛川町の20年の救急出動件数は2122件で前年比185件の減少。種別は急病が1427件で最も多く、搬送人員は1963人で前年比228人の減少だった。

 また、火災件数は9件。前年比で2件の増加となった。種別では建物火災が4件で最も多く、林野火災はなかった。町消防本部消防課では「近年のバーベキュー需要の増加もあり、町内では河川敷でのバーベキューの火が草木に燃え移り火事になるケースが増えている」と話し、注意を促している。

今年の救急件数

 今年に入り、1月7日に緊急事態宣言が発出されるなど、再び拡大を続けている新型コロナウイルス感染症。厚木市消防本部によると、今年の1月1日から18日までの救急出動件数は540件で、新型コロナの陽性者の搬送は39件。43件だった前年(4月〜12月)の件数に近づいている。

 愛川町では、今年の1月1日から18日までの救急出動件数は101件で、新型コロナ関係(疑い含む)の搬送は6件となっている。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

河邉(かわべ)直生さんが金賞

第22回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 

河邉(かわべ)直生さんが金賞 文化

ショパニストA部門で

2月26日号

コロナ対策など増額編成

愛川町清川村

コロナ対策など増額編成 社会

2021年度当初予算案

2月26日号

学生が捉えた里神楽

垣澤社中×工芸大学

学生が捉えた里神楽 文化

『あつぎの神さま』写真展

2月19日号

一般会計、過去最大の872億

厚木市当初予算案

一般会計、過去最大の872億 社会

前年比1.5%、13億円の増

2月19日号

ゴミ出しの負担減を検証

厚木市森の里

ゴミ出しの負担減を検証 社会

4カ所で実証実験スタート

2月12日号

自宅療養者に支援事業

愛川町

自宅療養者に支援事業 社会

食料品調達などサポート

2月12日号

グループホーム花物語がオープン

花物語あつぎ南(厚木市岡田)、花物語きよかわ(清川村煤ケ谷)

https://hana-kaigo.jala.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク