厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

厚木市 独自経済支援策を発表 あつぎ中小企業応援交付金II

経済

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市の小林常良市長は1月15日、臨時記者会見を開き、2度目の緊急事態宣言の発令を受けて市独自の経済支援「コロナに負けない!あつぎ中小企業応援交付金(第2弾)」を盛り込んだ補正予算を発表した。事業費は4億6600万円とし、市内中小企業を対象に、売上げ減少への支援、時短営業要請への協力支援、テレワーク導入支援を行う。

 今回発表された独自経済支援「あつぎ中小企業応援交付金」は、県の対象となる飲食店等だけでなく、全ての市内事業者が対象となるもの。小林市長は会見の冒頭、「市立病院をはじめ、医療のひっ迫に非常に強い危機感を持って、今回の補正に取り組ませていただいた。厳しい経営状態となっているのは飲食店だけでない」と強い思いを話した。

 交付金は1事業所(複数店舗の場合は店舗ごと)で最大25万円。支援内容は、【1】売上げ減少への支援/2020年12月または21年1月の売上げが、前年同月の売上げに比べ15%以上減少した事業所に一律10万円。【2】時短営業要請協力への支援/感染拡大防止のために時短営業している事業所に5万〜15万円。

 また、県の支援策の上乗せ補助として、テレワークの導入費用の4分の1(上限15万円)を補助する。

迅速な経済支援

「できるだけ多くの企業に協力いただき、市内の感染リスクを下げる。市民の命を守るためにスピード感・緊張感を持って進めていきたい」との小林市長のコメントの通り、市産業振興課によると、年末にかけての新型コロナウイルス感染症患者の増加を受けて、緊急事態宣言を見通した独自の経済支援策の準備を進めていたという。

 前回5月の応援交付金では、休業・時短営業支援に2339件(約4億4600万円)、家賃助成に1655件(約5億700万円)の申請・支給があった。市産業振興課では「厚木市で事業を継続してもらうために、少しでも力になれるように。また感染拡大の防止に協力してくれた企業をしっかりと支援していきたい」と話す。

 補正予算は1月21日の市議会第一回会議に一般会計補正予算として提出され、採決される。

 問い合わせは市産業振興課【電話】046・225・2830まで。

     1月20日起稿

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新人 今鉾氏が出馬表明

愛川町長選

新人 今鉾氏が出馬表明 政治

「町民の生命財産守る」

5月27日号

持続可能な町づくり推進

厚木市

持続可能な町づくり推進 社会

ガス2社と協定締結

5月27日号

新人 小島氏が出馬表明

愛川町長選

新人 小島氏が出馬表明 政治

環境、交通、教育に注力

5月20日号

厚商に放送機材寄贈

厚木中RC

厚商に放送機材寄贈 社会

オンライン配信を充実

5月20日号

田中選手に市民功労表彰

厚木市

田中選手に市民功労表彰 スポーツ

北京パラスキーで4位入賞

5月13日号

データサイエンスで勝つ

データサイエンスで勝つ スポーツ

厚高野球部、寄付金で新機材

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook