厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

給食の卵を愛川産に 小・中学校で地産地消

教育

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
煮卵を頬張る生徒
煮卵を頬張る生徒

 学校教育での地産地消を推進するため愛川町が1月19日から、町立小・中学校の給食で提供する卵を原則町内産に切り替えている。

 町ではこれまで、毎月19日の「食育の日」に食育を推進するメニューを提供してきた。今回の町内産卵への切り替えをうけ、町内三増の神奈川中央養鶏農業協同組合が生産する卵約3千個が無償提供され、1月19日の給食でこの卵がおでんの煮卵として提供された。

 この日の愛川中原中学校では、1人1個の大きな煮卵が配られ、生徒が美味しそうに頬張っていた。さらに、校内放送で町内産卵についての説明があり、生徒たちは給食を食べながら耳を傾けていた。生徒からは「町内産の卵は特別に感じる」「家の近くでとれた卵を食べられるのは嬉しい」などの感想があがった。

 町では、今後も原則として同組合の生産した卵を小・中学校の給食で使用していく。町教育委員会の小野早穂梨栄養士は「生徒の嬉しそうな顔が見られて良かった。チャーハンやかき玉汁など様々なメニューで使用していきたい」と話す。
 

地元素材の煮卵
地元素材の煮卵

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

気持ちをひとつに支援を届けていく

ごちゃまぜフェス

ごちゃまぜフェス 社会

アミューあつぎで15日まで

8月12日号

息ぴったり囃子が復活

地球温暖化の専門家語る

地球温暖化の専門家語る 社会

20日(土) 厚木市文化会館

8月12日号

信念をもって奉仕活動

「ハラスメント対策」を学ぶ

厚木商工会議所・エキスパート情報部会

「ハラスメント対策」を学ぶ 経済

8月26日 午後3時半〜午後5時

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook