厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した 押部 修一さん 第97代署長 58歳

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

悪を退治して人のために

 ○…昨年から続くコロナ禍で、警察もさまざまな啓発イベント、情報交換の場が制限されている。「警察と地域の関係が希薄にならぬよう、こういう時だからこそ地域に寄り添った警察活動をしたい」と意気込む。署員にもその想いは伝えており、「一つひとつの事案を今まで以上に親切、丁寧、スピーディーに取り組んでいく」と力を込める。

 ○…中学の時にテレビで「太陽にほえろ」を見て警察官をめざすように。「悪を退治して人のためになる」。そんな姿に魅かれた。警察官になると県警機動隊、人事、会計、広報など本部の仕事を多く勤めた。なかでも東日本大震災の際は、関東管区機動隊の大隊長として震災の3日後から被災地入り。1年かけて生存者確認に携わった。「一人でも多くご家族のもとに返すという気持ちだった」と振り返る。

 ○…生まれも育ちも横浜市。運動好きで小学校で野球、中学でバスケットボール、高校でバレーボールを経験。今でも体力作りにランニングを欠かさない。妻と娘2人の4人家族。家族サービスのために始めた料理は、現在ではランチに自分で弁当を作って持参するほど。「休みの日に1週間分を作って冷凍しておくんだよ」と家庭的な一面も覗かせる。

 ○…厚木署に赴任して取り組むべきことに「自転車の交通事故撲滅」を掲げる。特に7割が交差点での出会い頭の事故で、「停止せずに交差点に入るなどルールが守られていないことが多い」と危惧する。さらに、振り込め詐欺や空き巣、盗難など刑法犯の検挙にもこれまで以上に力を入れていく。「警察は悪を退治して、被害者や弱者を守るのが仕事。署員一丸となり、地域の安全、安心を守るため、身近な悪は許さない」。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

阿部 牧子さん

第37回墨神会水墨画全国公募展で文部科学大臣賞を受賞した

阿部 牧子さん

厚木市岡田在住 75歳

4月23日号

押部 修一さん

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した

押部 修一さん

第97代署長 58歳

4月16日号

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市立病院災害派遣医療チームDMATの車両デザインを担当した

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市愛甲在住 41歳

4月9日号

石井 克典さん

3月15日付で自衛隊厚木募集案内所の所長に就任した

石井 克典さん

相模原市在住 51歳

4月2日号

井上 真弓さん

舞台用背景幕が完成した長谷ささら踊り盆唄保存会会長の

井上 真弓さん

厚木市三田南在住 65歳

3月26日号

矢野 賢造さん

調理業務功労者として厚生労働大臣表彰を受けた

矢野 賢造さん

厚木市妻田北在住 56歳

3月19日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter