厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

村の活性化に小水力発電 清川で有志が勉強会

社会

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
JAあつぎ清川支所での勉強会
JAあつぎ清川支所での勉強会

 清川村の活性化に向けて、村民有志が4月4日、煤ヶ谷のJAあつぎ清川支所で小水力発電についての勉強会を開催した。

 この日は、村内外から約20人が参加。小水力発電事業に携わっている「鎮守の森コミュニティ推進協議会」の宮下佳廣会長らが講師となり、埼玉県の秩父寺沢川発電所など、実例をもとに小水力発電の特徴を紹介。「小水力発電には山や谷による落差や一定の水量など自然条件が必要となるが、清川村は条件を満たしている河川がある」「村内に発電施設があれば、災害時のバックアップ電源にもなる」などメリットを話した。

 講演後の質疑応答では、参加者から「水量や川の生態系への影響が出るのでは」などの質問があがった。

 この勉強会を主催したのは「(仮称)きよかわ恵水発電プロジェクト」。村議の笹原和織氏や元村議の村上俊光氏が中心となり、6月以降にも第2回目の勉強会や、秩父市への視察などを予定している。笹原氏は「発電が収益化できれば、里山づくりや道路整備など、様々な地域おこしに取り組むことができる。今後も勉強会や視察を重ね、協力者の人数が増えれば、正式なプロジェクトを立ち上げ、清川村内での小水力発電実現を目指していきたい」と話す。
 

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

ワンだふるな写真を展示

ワンだふるな写真を展示 社会

11月10日まで 「あつめ木」

10月22日号

高速大容量に環境整備

神奈川工科大

高速大容量に環境整備 教育

第1期竣工祝う

10月22日号

平和の尊さを後世に

平和の尊さを後世に 社会

清川で二つの企画展

10月22日号

治療と仕事の両立をサポート

治療と仕事の両立をサポート 社会

(一社)がんと働く応援団

10月22日号

ざる菊 色鮮やかに

ざる菊 色鮮やかに 文化

5000株が見ごろ

10月22日号

愛犬としつけを学ぼう

愛犬としつけを学ぼう 教育

11月13日に教室実施

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook