厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

厚木市立愛甲小学校 読書活動で文科大臣表彰 優れた取り組みが評価

教育

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
休み時間に貸し出し作業をする図書委員の児童
休み時間に貸し出し作業をする図書委員の児童

 厚木市立愛甲小学校(川口千秋校長)が「令和3年度子供の読書活動優秀実践校」として、このほど文部科学大臣表彰を受賞した。図書委員会の活動をはじめ、地域ボランティアとの連携などが評価された。

 子供の読書活動優秀実践校とは、特色ある優れた取り組みをする学校、図書館、団体、個人を文科大臣が表彰するもの。2002年度から始まり、子供の読書活動への関心と理解を深め、意欲を高める活動を推進するために行われている。

 愛甲小では、児童の読書を推進するために「梅雨の読書週間」と「秋の読書月間」を毎年実施。図書委員や教諭の推薦本を紹介したり、読んだ本の冊数をクラスで競う取組みを実施している。

 さらに、図書委員の自主的な活動が顕著で、推薦本のポップやポスターづくり、ブックエンド、図書館のルールブックの作成など、児童のアイデアや要望をどんどん取り入れている。市内の小中学校では珍しく、本の貸し出し管理にパソコンを導入しており、図書委員になるとバーコードを使って貸し出し作業ができるということも図書委員が人気を集める理由の一つという。今年度の図書委員会で委員長を務める渡邊美優さんと副委員長の佐藤莉緒奈さんは「たくさんの人に本の楽しさを知ってもらって、本を好きになってもらいたい」と今年度の活動に意欲を燃やす。

地域ボラの読み聞かせ

 同校の読書活動の特徴として、保護者や地域の有志から成るボランティアグループ「なしのみおはなし会」との連携がある。同校では、毎日「朝読書」の時間を設けており、木曜日は同会のメンバーが各クラスで読み聞かせをする活動が10年以上も続いている。学校司書の吉田紀子さんは「おはなし会の方は子どもたちが選ばないような本を読んでくれたりするので、子どもたちの世界が広がっていると感じる。読み聞かせの本に関する子どもたちからの問合せも多いです」と話す。

 特色ある活動が評価されたことについて、吉田さんは「大人がやっているのではなく、子どもたちが自発的にやってきたことがずっと繋がってきているのだと思う。これまでの児童の頑張りが評価されたと思うととてもありがたいこと」と話す。
 

本を紹介した掲示物
本を紹介した掲示物

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook