厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

支援の輪広がる フードバンクに寄付続々

社会

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
厚木トマトを手渡すJAあつぎの高橋常務理事(右)
厚木トマトを手渡すJAあつぎの高橋常務理事(右)

 長期化する新型コロナウイルス感染症-。生活困窮者支援と食品ロスに取り組むフードバンクあつぎ(厚木市中町1の8の10)によると、厚木市内でも職を失う方や、アルバイトができない学生など、生活困窮者が増えているという。

 そんな中、市内企業でフードバンクを通じた生活困窮者支援の動きが活発になっている。

 JAあつぎ(大貫盛雄代表理事組合長)では5月26日、管内の特産品である「厚木トマト」約200個を寄付した。高橋康弘常務理事は「生活に苦しむ方々を支える重要な取り組み。生産者が丹精込めて育てた地場農産物を通じ、地域やJA、農業に親しみを感じてもらえたら」と話した。

 また5月28日には日本フルハーフ株式会社(昼間弘康社長)が同社の災害備蓄品の入れ替えに伴い、飲料水678本、缶入りソフトパン2049缶をフードバンクに届けた。取締役厚木工場長の高橋克彦さんは「少しでも困っている方の役に立てば。今後も支援を続けていきたい」と話した。

日本フルハーフ(株)では災害備蓄品を寄付。部屋に入りきらないほどの大量の物資となった。目録を手渡す高橋取締役厚木工場長(左)
日本フルハーフ(株)では災害備蓄品を寄付。部屋に入りきらないほどの大量の物資となった。目録を手渡す高橋取締役厚木工場長(左)

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

和菓子職人が突撃取材

タウンレポート

和菓子職人が突撃取材 社会

愛川ブランド紹介動画が好評

9月17日号

ATGサイレン灯

彼岸に紅白の共演

常昌院

彼岸に紅白の共演 社会

厚木市棚沢

9月17日号

5連勝で暫定首位

はやぶさイレブン

5連勝で暫定首位 スポーツ

次戦は宣言明けを予定

9月17日号

身近な「むにゅーん」募集

身近な「むにゅーん」募集 文化

市民参加型展示会に向け

9月17日号

JTがクリーン活動

JTがクリーン活動 社会

5日連続でゴミ拾い

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook