厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

厚木市森の里地区 コロナ禍でも「できること」 厚木ぐるっと 接種会場から高齢者を自宅へ

コミュニティ社会

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena
車両に乗り込む高齢者。2日間で55人を送り届けた
車両に乗り込む高齢者。2日間で55人を送り届けた

 厚木市内でも順次始まっている新型コロナウイルスのワクチン接種。厚木市森の里の地域住民を中心に組織される一般社団法人厚木ぐるっと(武井主税代表理事)では、ワクチン接種会場から歩いて帰宅する高齢者の負担を軽減しようと、5月29、30日の2日間で55人を車で自宅まで送り届けた。

運行に喜びの声

 厚木ぐるっとは、「森の里を住みやすい街、住みたい街にしたい」という想いで活動する団体。地域の無料回遊バス、交流拠点「ぐるっと広場」を運営している。昨年、新型コロナが広がると、活動が制限され「団体内でも閉塞感が漂っていた」と武井代表理事は話す。そのような中でワクチン接種が始まると、「私たちにもできることがないか」という声があがった。「森の里は坂が多く、会場の公民館まで高齢者が歩くには遠い地区もある。自分たちの車両を使って、送迎しようという話になった」と武井代表理事は振り返る。

 コロナ禍でも回遊バスは感染対策をして運行していたため、計画は順調に進んでいった。当初は送迎の予定だったが、迎えは時間通りにできない可能性があったため、会場から家までの送りのみに変更。当日は会場で高齢者に声をかけ、希望者をその都度、自宅まで送っていった。乗車した人からは「帰りは歩いて帰ろうか悩んでいたからありがたかった」など、喜ぶ声が多かった。武井代表理事も「運行してよかった。森の里に住んでてよかったと思ってもらえたら嬉しい」と話す。

地域の想いを実感

 今回の運行は、「地域の皆さんの理解と協力が支えになった」という。「雨が降った時に車を待つ場所をどう確保するのかなど不安もあったが、森の里公民館をはじめ、森の里郵便局、レストラン森の里などが協力的で非常にありがたかった。地域が力を合わせて協力しようという想いを実感できたのは、とても嬉しい」と話す。

 なお、厚木ぐるっとでは6月19日(土)、20日(日)も、送りのみ運行する予定という。
 

公民館前に受付を作り高齢者に声をかけた
公民館前に受付を作り高齢者に声をかけた

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

シトラスリボン運動PR

シトラスリボン運動PR 社会

愛川町社協

10月15日号

女性を元気に

女性を元気に 社会

シミケア専門店SAKURA 梅原さん

10月15日号

待ちわびた再開

待ちわびた再開 社会

夕焼け市・厚木市民朝市

10月15日号

最終節3連勝で3位に

厚木SC

最終節3連勝で3位に スポーツ

ソフト日本リーグ3部

10月15日号

ポリオ根絶を願って

ポリオ根絶を願って 社会

市内4ロータリーが啓発

10月15日号

「復活の台地」が優秀企画賞

愛川町動画

「復活の台地」が優秀企画賞 社会

映文連アワード2021

10月15日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook