厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

厚木商業高 ソフトボール部が全国へ 延長制して2大会連続V

スポーツ

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
優勝の歓喜に湧く部員らとチーム関係者
優勝の歓喜に湧く部員らとチーム関係者

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の県予選会ソフトボール女子決勝が6月20日に厚木商業高校グラウンドで行われた。厚木商業高校ソフトボール部(宗方貞徳監督)が光明相模原高校を延長の末に3対2で下して優勝、2大会連続となる全国切符を掴み取った。

 県予選会は今年のチームを象徴する守り勝つ「厚商らしさ」を発揮した。スタメンには1・2年生を起用するチームながら初戦から準決勝までを無失点とし、19人の部員一丸でトーナメントを駆け上がった。決勝で対戦した光明相模原高校は今年の関東大会の優勝校で、厚商は今年5月の対戦で敗北を喫していた。

 厚商の先攻でプレイボールを迎えた決勝戦は、チームを勢いづける矢藤瑠璃花さん(2年)の先頭打者ホームランで幕を明けた。守備では、エース・丸本真菜さんと捕手・篠原瑞希さんの2年生バッテリーが相手の強力打線に真っ向から勝負を挑み、初回と2回を三者凡退に仕留めた。6回に失点し、同点とされたがエースの力投にバックが応え、ピンチを最少失点で切り抜けた。

 互いに譲らない戦いは、7回を終わって1対1の同点で延長タイブレークに突入。「ロースコアの戦いならチャンスはある」と見ていた宗方監督の予想通り、8回表の攻撃で2点を奪って勝利を大きく手繰り寄せる。8回裏に1点差に詰め寄られたが、最後の打者をファールフライに打ち取りゲームセット。歓喜の瞬間を迎えた。宗方監督は、「ミスなくよく戦ってくれた」と選手らを称え、「辛抱強く投げてくれた」とエースを労った。

目標は「日本一」

 インターハイの女子ソフトボール競技は、7月28日に福井県敦賀市で開幕する。厚商はインターハイ7度の優勝実績がある全国屈指の強豪校で、創部当時に掲げた目標「日本一」を代々受け継ぐ。キャプテンの田中愛里さん(3年)は「ようやくスタートラインに立てた」とし、「大会までに課題を克服して日本一に挑みたい」と話した。
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

電子図書館スタート

厚木市

電子図書館スタート 文化

10月1日午前9時から

9月24日号

自宅療養者への支援開始

厚木市新型コロナ

自宅療養者への支援開始 社会

市民向け接種も拡充

9月24日号

全館にWi-Fi整備

厚木市内公民館

全館にWi-Fi整備 社会

情報収集、利便性が向上

9月17日号

地場小麦でラスク商品化

JAあつぎ

地場小麦でラスク商品化 文化

芳ばしい「薫り」を消費者へ

9月17日号

ペッパー活用し道徳授業

森の里小

ペッパー活用し道徳授業 教育

「何ができるか」考える

9月10日号

キッチンカーで災害支援

イベントフードプロ115合同会社

キッチンカーで災害支援 社会

県と飲食の提供に関する協定

9月10日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook