厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

ZOOM UP 昔ながらの駄菓子屋さん オリーブ 茅野理枝さん

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
店主の茅野さんと看板娘の枝真ちゃん
店主の茅野さんと看板娘の枝真ちゃん

 ▽今年6月、厚木市中町の厚木中央公園そばに、駄菓子屋「オリーブ」をオープンした茅野理枝さん(35)。「想定の倍以上ですね」。開店からおよそ1カ月。店には、放課後の時間ともなると、大勢の子どもたちがお小遣い片手に押し寄せる。子どもだけでなく、幼い頃にお小遣いでは満足に買えなかった雪辱を果たそうと”大人買い”をしにやってくる大人からも人気を博しているそう。

 ▽小学3年生と2年生の息子、4歳の娘の3児の母でもある茅野さん。オープンのきっかけは末っ子の枝真ちゃんの幼稚園入園だった。仕事をはじめようと勤め先を探し始めたが、子どもの体調不良や学校行事で何度も仕事を休むことになることが想定され、気が引けた。ならば「自分でやろう」。昨年、コロナ禍で小学校が休校になった際に、子どもたちのおやつを買うために「色んなスーパーにお世話になった」が、気づけばラインナップは毎回同じに。「私が飽きちゃった」。しかも本厚木駅前にあった菓子店が閉店。そんな自身の境遇と町の状況を鑑みて、「子育てしやすい街」を掲げる厚木でやるならと母親目線でさまざまに考えた結果、”駄菓子屋さん”に行きついた。

 ▽駄菓子の人気は、意外にも今も昔も変わらないそう。ふ菓子やねじり棒ゼリー、蒲焼さん太郎をはじめ、茅野さん自身が子どもの頃に馴染みのあったヤッターめんや10円のガム・フィリックスもくじが付いていることもあって人気を集めているという。「親御さんの中には100円でどれだけ買えるか自分で暗算しながら買い物をしてほしいと考えている人もいる」。子どもと母親、両方の目線で仕入れをしている。

 ▽店にやってくる子どもたちには声をかけて、なるべく近い距離で接する。子どもたちから「今日学校でこんなことがあった!」と話してもらえる存在。そんな「昔ながらの駄菓子屋のおばちゃんになれたら」

■駄菓子屋オリーブ/厚木市中町3の17の22/10時〜17時頃(平日は13時20分〜45分頃まで中休み)/水曜定休

店内には所狭しと駄菓子が並ぶ
店内には所狭しと駄菓子が並ぶ

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

シトラスリボン運動PR

シトラスリボン運動PR 社会

愛川町社協

10月15日号

女性を元気に

女性を元気に 社会

シミケア専門店SAKURA 梅原さん

10月15日号

待ちわびた再開

待ちわびた再開 社会

夕焼け市・厚木市民朝市

10月15日号

最終節3連勝で3位に

厚木SC

最終節3連勝で3位に スポーツ

ソフト日本リーグ3部

10月15日号

ポリオ根絶を願って

ポリオ根絶を願って 社会

市内4ロータリーが啓発

10月15日号

「復活の台地」が優秀企画賞

愛川町動画

「復活の台地」が優秀企画賞 社会

映文連アワード2021

10月15日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook