厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

「感謝 絆 飛躍」掲げ全員参加で奉仕活動

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 ▽11年ぶり2度目の会長となる今年度のテーマは「感謝 絆 飛躍」。これは初めて会長を務めた時と同じテーマだ。「気持ちは全く変わらない。奉仕活動をできることに感謝し、絆を深めていく。それこそがクラブの飛躍に繋がる」と力強い。今年度はそれに「全員参加」を目標にする。「それぞれに仕事があるから難しいけど、楽しく奉仕できたら」と話す。

 ▽「JCも卒業したし、地域に貢献できるなら」と1995年にメンバーに声をかけられ入会した。「チームワークがあるクラブ。みんなが同じ方向に向かってまとまれるのが良さ」と話す。11年前の会長の際は、東日本大震災でいろいろな事業ができなかった。「今思うと、できたのかなと後悔もある。コロナ禍の活動だが、できる術を見出して取り組みたい」と意気込む。

 ▽サラリーマンを辞め、35歳で保険会社に転職。現在は独立して厚木市のほか、県内を中心に6店舗の保険代理店を経営する。東京で生まれ、千葉や埼玉など、父の転勤で引越しが多かったため、「厚木は地元の人が多くていいね」と話す。息抜きは月1回程度のゴルフ。海老名市在住。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

気持ちをひとつに支援を届けていく

ごちゃまぜフェス

ごちゃまぜフェス 社会

アミューあつぎで15日まで

8月12日号

息ぴったり囃子が復活

地球温暖化の専門家語る

地球温暖化の専門家語る 社会

20日(土) 厚木市文化会館

8月12日号

信念をもって奉仕活動

「ハラスメント対策」を学ぶ

厚木商工会議所・エキスパート情報部会

「ハラスメント対策」を学ぶ 経済

8月26日 午後3時半〜午後5時

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook