厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

「つむぐ」をテーマにマルベリーらしい奉仕活動

社会

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 ▽クラブは10周年を迎える。「コロナ禍ではあるけれど、やらない選択肢をとるのは簡単。どういう形だったらできるのかを考えて活動したい」と抱負を話す。今年度のテーマは「つむぐ」。繭から繊維を取り出し糸にするという意味で、「メンバーの想いを引き出して糸のように強いクラブにしたい」と意気込む。

 ▽創立メンバーで児相支援、ヘアドネーションへの協力、高齢者にメイクをするふれあいセラピーなどの奉仕活動に参加してきた。「マルベリーの良さはフットワーク、スピード感、若さ」と言う。会長就任すぐに発生した伊豆山の土砂災害では、熱海在住の会員が在籍していることもあり、すぐに「何かせねば」と本厚木駅前で街頭募金を実施。5日間で52万9024円の善意を得た。多くのメンバーが参加したと言い、固いチームワークも垣間見える。

 ▽現在は生まれ育った湯河原町でエステサロンのオーナーを務める。4人の息子はそれぞれ独立し、忙しい日々の息抜きは映画(洋画)鑑賞を楽しむ。好きなジャンルはアクションで「コロナ禍になってより見るようになったかな」と笑う。湯河原町在住。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

和菓子職人が突撃取材

タウンレポート

和菓子職人が突撃取材 社会

愛川ブランド紹介動画が好評

9月17日号

ATGサイレン灯

彼岸に紅白の共演

常昌院

彼岸に紅白の共演 社会

厚木市棚沢

9月17日号

5連勝で暫定首位

はやぶさイレブン

5連勝で暫定首位 スポーツ

次戦は宣言明けを予定

9月17日号

身近な「むにゅーん」募集

身近な「むにゅーん」募集 文化

市民参加型展示会に向け

9月17日号

JTがクリーン活動

JTがクリーン活動 社会

5日連続でゴミ拾い

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook