厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

神奈川県 自宅療養 電話で健康観察 厚木医師会に委託し開始

社会

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は、新型コロナウイルスの自宅療養者を地域の医師会に委託し医療の視点で診る「地域療養の神奈川モデル」事業を厚木市、愛川町、清川村で7月28日から開始した。悪化リスクのある人に対して電話で健康観察を行う事業で、医療の視点で早期対応につなげる。

 地域療養の神奈川モデルは、県が進める自宅療養者への健康観察事業。県では自宅療養者へは事務職員が対応しているが、きめ細かく対応できないなどの課題がある。そこで地域の医師会に事業を委託することで、専門的な視点で診ることができ、入院の必要性を早期に汲み上げることができるようになる。

看護師が毎日確認

 新型コロナに感染した場合、無症状や軽症の人は基本的に自宅療養となるが、この事業では悪化リスクのある人、悪化が疑われる人に対して、看護師が毎日電話で健康観察を行う。発熱が継続したり、食事が困難になるなど症状の悪化が見られる場合などは訪問して症状を確認。医師の診療や検査につなげる。さらに、24時間いつでも連絡可能な電話窓口を設置し、自宅療養者からの相談にも対応する。

 対象となるのは、入院優先度判断でスコア3以上、入院待機者、血中酸素飽和度(SpO2)が95%以下の人。県ではこれまでのデータから自宅療養者のおよそ1〜2割が対象者となると推測している。

 地域の医師会への委託は今年3月に藤沢市を皮切りにスタート。現在は鎌倉市、横須賀市、平塚市、三浦市でも始まっている。県の医療危機対策本部室の担当者は「各地域に依頼しているが、ワクチン対応など調整に時間がかかっているところもある。改めて感染者が増えるなかで、地域の医師会、訪問看護ステーションの協力を得られ助かっている」と話す。

安心できる体制に

 今回の事業について、厚木医師会の馬嶋順子会長は「この事業は、悪化リスクの高い人と毎日連絡を取り健康観察することで、早期に入院に繋げるなど安心して自宅療養ができる体制をつくるもの。今回は医師会の医師と訪問看護ステーションの看護師の協力を得て始めることができた。新型コロナ対策の体制強化につながれば」と話す。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

全館にWi-Fi整備

厚木市内公民館

全館にWi-Fi整備 社会

情報収集、利便性が向上

9月17日号

地場小麦でラスク商品化

JAあつぎ

地場小麦でラスク商品化 文化

芳ばしい「薫り」を消費者へ

9月17日号

ペッパー活用し道徳授業

森の里小

ペッパー活用し道徳授業 教育

「何ができるか」考える

9月10日号

キッチンカーで災害支援

イベントフードプロ115合同会社

キッチンカーで災害支援 社会

県と飲食の提供に関する協定

9月10日号

みんなの力で再出発

古民家カフェよってけさん

みんなの力で再出発 社会

支援者集いクラファン準備

9月3日号

ご当地ナンバーを導入

厚木市

ご当地ナンバーを導入 社会

あゆコロちゃんで魅力PR

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook