厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

バドミントン 全国大会で活躍誓う 厚木の小学生2人が出場

スポーツ

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena
全国大会に出場する大翔くんと紬さん(左)
全国大会に出場する大翔くんと紬さん(左)

 厚木市を拠点に活動する小学生バドミントンチーム「NP神奈川」(二村直樹監督)の鈴木大翔(ひろと)くん(緑ケ丘小4年)と曽根紬(つむぎ)さん(上荻野小4年)が、熊本県で8月14日から行われる全国小学生ABC大会に出場する。大会を間近に控えた2人は「優勝をめざす」と言葉を揃え、闘志を燃やしている。

 大翔くんと紬さんは4月下旬に行われた県予選男子、女子の部でそれぞれ5試合を戦い、1セットも失うことなく優勝し、県代表の座を射止めた。大会は、2学年ごとにA〜Cのカテゴリーで区切られており、2人は3・4年生を対象としたBの部に出場。

 大翔くんは、姉の影響で5歳からバドミントンに取り組み始めた。「強い選手との対戦がめっちゃ楽しい」と笑顔を見せ、「全国大会は全力でプレーする」と意気込む。一方、紬さんはテレビ中継がきっかけで小学1年でバドミントンを始めた。「やってみたら難しかった」と打ち明け、「全国大会では、どんな時でも最後まで諦めない」と決意を話した。

 チームメートでありながら、2人は対照的な性格とプレースタイルで切磋琢磨しながら技術を高め合ってきた。勝気を前面に出して気持ちを乗せた球筋で攻める大翔くんに対し、紬さんは相手のコートを見ながら冷静な試合運びをするタイプ。対戦させるとラリーが長く、決着までに1時間以上を要することも。

 二村監督は「チームの中で良いライバル関係を築いている」とした上で、「普段通りのプレーができれば2人とも優勝できる実力はある」と期待を寄せていた。

県内屈指の強豪チーム

 2人が所属するNP神奈川は2008年に発足した。その翌年から個人戦、または団体戦のどちらかで全国大会に継続して出場しており、過去には男子団体で全国優勝したこともある。

 今年も7月中旬に京都府で開かれた若葉カップ全国小学生大会に星野結衣さん(愛甲小6年)、菅谷美彩姫さん(横浜市立緑小6年)、寺井奏空さん(厚木第二小6年)ら6人が女子団体戦に出場。9位に入賞し、大翔くんと紬さんの全国大会へ弾みをつけた。

 現在チームには幼稚園児を含む5歳から12歳までの18人が在籍。「相手への礼儀を重んじる」という指導方針のもと、厚木小や戸室小のほか、依知北や荻野、相川地区の公民館などで週3回の練習に取り組んでいる。

 チームを巣立ったOB・OGの中には現在も大学や実業団で活躍中の選手も多く、お盆や正月に帰省すると小学生らに胸を貸し、チーム強化の底上げに一役買っている。チームは随時メンバーを募集をしており、詳細はホームページで確認できる。

NP神奈川メンバーら
NP神奈川メンバーら

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

全館にWi-Fi整備

厚木市内公民館

全館にWi-Fi整備 社会

情報収集、利便性が向上

9月17日号

地場小麦でラスク商品化

JAあつぎ

地場小麦でラスク商品化 文化

芳ばしい「薫り」を消費者へ

9月17日号

ペッパー活用し道徳授業

森の里小

ペッパー活用し道徳授業 教育

「何ができるか」考える

9月10日号

キッチンカーで災害支援

イベントフードプロ115合同会社

キッチンカーで災害支援 社会

県と飲食の提供に関する協定

9月10日号

みんなの力で再出発

古民家カフェよってけさん

みんなの力で再出発 社会

支援者集いクラファン準備

9月3日号

ご当地ナンバーを導入

厚木市

ご当地ナンバーを導入 社会

あゆコロちゃんで魅力PR

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook